<< ウコギ科(Araliaceae) イワウメ科(Diapensia... >>

イワタバコ科(Gesneriaceae)

 植物科別勉強中、今回はイワタバコ科です。イワタバコ科の植物で馴染みのあるものと言えば、セントポーリア、アキメネス、ストレプトカーパスでしょうか。
 写真提供にご協力いただいているM-flower5さんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。

アキメネス属(Achimenes)
・アキメネス(花桐草)(Achimenes)、英名:Orchid pansy、Widow's tears
(解説)メキシコからブラジル、アルゼンチンにかけて分布。ヨーロッパには18世紀に導入され、さまざまな園芸品種が作出された。別名で「ハナギリソウ」(花桐草)とも呼ばれる。撮影:ルーマニア
d0096455_1765681.jpg


エスキナンサス属(Aeschynanthus)
・エスキナンサス(Aeschynanthus)、英名:Lipstick plant
(解説)エスキナンサスの仲間は熱帯アジアに100種ほどが分布している。撮影:オランダ
d0096455_2134080.jpg


エピスシア属(Episcia)
・エピスシア・クプレアータ(Episcia cupreata)、英名:Flame violet
(解説)パナマからブラジルにかけて分布。写真のものは園芸種。撮影:タイ
d0096455_10482047.jpg


クリソテミス属(Chrysothemis)
・クリソテミス・プルケラ(Chrysothemis pulchella)
(解説)中米、南米北部に分布。オレンジ色から赤橙色の萼が目立つ。写真は園芸種。撮影:タイ
d0096455_172488.jpg


シンニンギア属(Sinningia)
・グロキシニア(大岩桐草)(Sinningia speciosa)、英名:Violet slipper
(解説)ブラジルが原産地。園芸種。和名では「オオイワギリソウ」(大岩桐草)と呼ばれる。撮影:日本
d0096455_21341014.jpg


ストレプトカーパス属(Streptocarpus)
・ストレプトカーパス(Streptocarpus)、英名:Cape primrose, Streptocarpus
(解説)アフリカ南東部が原産。いろいろな種類があり、花は筒状で先端が五裂し、赤色やピンク、紫色、青色、白色などと多彩。撮影:日本
d0096455_21345641.jpg

(色違い)
d0096455_2135342.jpg

・ストレプトカーパス・サクソルム(Streptocarpus saxorum)
(解説)ケニア、タンザニアが原産。ストレプトカーパス種には有茎種と無茎種があるが、本種は有茎種。撮影:M-flower5さん
d0096455_21351323.jpg


セントポーリア属(Saintpaulia)
・セントポーリア(Saintpaulia)、英名:African violet
(解説)タンザニア北部からケニア南部にかけて分布。名前は、19世紀にこの花を発見したセント・ポールイレールに因む。撮影:日本
d0096455_21352213.jpg


レクステイネリア属(Rechsteineria)
・レクステイネリア(Rechsteineria Ieucotricha)、英名:Brazilian edelweiss
(解説)ブラジルが原産。生育地の状況から「断崖の女王」と呼ばれる。シンニンギア属という分類もある。撮影:八丈島
d0096455_21353196.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-11-29 21:35
<< ウコギ科(Araliaceae) イワウメ科(Diapensia... >>