<< ウルシ科(Anacardiac... ウラボシ科(Polypodia... >>

ウリ科(Cucurbitaceae)

 植物科別勉強中、今回はウリ科です。ウリ科というと花の観賞というよりも、野菜としての存在に意味がありそうです。
 写真提供にご協力いただいているM-flower5さんは日本に在住の方、nmariomamaさんはモロッコに在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。

オキナワスズメウリ属(Diplocyclos)
・オキナワスズメウリ(沖縄雀瓜)(Diplocyclos palmatus)
(解説)アメリカ大陸以外の世界中の熱帯と亜熱帯に広く分布。別名で、「ヤマゴーヤ」と呼ばれるが、食用にはならない。撮影:mintogreenさん
d0096455_10525948.jpg


カボチャ属(Cucurbita)
・カボチャ(南瓜)(Cucurbita moschata)、英名:Squash
(解説)中央アメリカからメキシコが原産といわれる。日本へは室町時代に渡来。撮影:イラン
d0096455_22112312.jpg


カラスウリ属(Trichosanthes)
・カラスウリ(烏瓜)(Trichosanthes cucumeroides)
(解説)日本、朝鮮半島、中国に分布。撮影:M-flower5さん
d0096455_22113343.jpg


キュウリ属(Cucumis)
・キュウリ(胡瓜)(Cucumis sativus)、英名:Cucumber
(解説)インド北部のヒマラヤ山麓が原産といわれる。日本へは奈良時代以前に渡来。撮影:日本
d0096455_22114090.jpg


コッキニア属(Coccinia)
・コッキニア・グランディス(Coccinia grandis)、英名:Ivy gourd、Scarlet-fruited Gourd
(解説)別名で「ヤサイカラスウリ」とも呼ばれる。北部タイでは食用にする。撮影:タイ
d0096455_9555018.jpg


スイカ属(Citrullus)
・スイカ(西瓜)(Citrullus lanatus)、英名:Watermelon
(解説)アフリカの中部あるいは南部が原産といわれる。古代エジプトでは4千年も前から栽培されていた。日本へは江戸時代のはじめに中国から渡来。撮影:mintogreenさん
d0096455_1764113.jpg


スズメウリ属(Melothria)
・スズメウリ(雀瓜)(Melothria japonica)
(解説)本州、四国、九州に分布。名前は、「カラスウリ」に比べて小さいことから、または果実がスズメの卵に似ていることからといわれる。撮影:M-flower5
d0096455_22115141.jpg


ツルレイシ属(Momordica)
・ニガウリ(苦瓜)(Momordica charantia)、Bitter cucumber
(解説)熱帯アジアが原産。別名で「ニガウリ」、「ゴーヤ」とも呼ばれる。撮影:日本
d0096455_2211595.jpg


ハヤトウリ属(Sechim)
・ハヤトウリ(隼人瓜)(Sechim edule)、英名:Choko
(解説)熱帯アメリカが原産。日本へは大正時代に鹿児島県に導入された。種子は果実の中にひとつあり、果実の養分だけで生き続けて発芽する。撮影:M-flower5さん
d0096455_22121121.jpg


ヘチマ属(Luffa)
・ヘチマ(糸瓜)(Luffa cylindrica)、英名:Loofah
(解説)西アジアが原産。日本へは江戸時代のはじめに渡来。別名で「イトウリ」とも呼ばれる。撮影:M-flower5さん
d0096455_22122243.jpg


ユウガオ属(Lagenaria)
・ナガユウガオ(夕顔)(Lagenaria siceraria var. hispida)、英名:Bottle gourd
(解説)北アフリカが原産。日本へは平安時代に中国から渡来。煮物や漬け物にされる。マルユウガオは干瓢の原料になる。撮影:モロッコ、nmariomamaさん
d0096455_1025556.jpg

d0096455_10264254.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-11-29 22:12
<< ウルシ科(Anacardiac... ウラボシ科(Polypodia... >>