<< サクラソウ科(Primulac... ゴマノハグサ科(Scrophu... >>

サガリバナ科(Lecythidiaceae)

 植物科別勉強中、今回はサガリバナ科です。サガリバナ科の植物は種類も少ないのですが、熱帯地域の植物なので日本では馴染みがないかも知れません。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


サガリバナ属(Barringtonia)
・ゴバンノアシ(碁盤の脚)(Barringtonia asiatica)
(解説)マダガスカルから太平洋諸島にかけて分布。名前は、四角い果実の形が碁盤の足に似ていることから。撮影:タイ
d0096455_1834969.jpg

d0096455_1516881.jpg

・サガリバナ(下がり花)(Barringtonia racemosa)、英名:Common putat
(解説)日本の南西諸島から台湾、東南アジア、インド、ポリネシアに広く分布。高さは20メートルほどになる。長い総状花序を下垂させて、夜に淡黄白色の4弁花を咲かせる。ピンク色の長いおしべが目立つが、朝には落花してしまう。撮影:タイ

(サガリバナの蕾)
d0096455_9452482.jpg
 
[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-02 09:45
<< サクラソウ科(Primulac... ゴマノハグサ科(Scrophu... >>