<< サボテン科(Cactaceae) ザクロ科(Punicaceae) >>

サトイモ科(Araceae)

 植物科別勉強中、今回はサトイモ科です。サトイモ科ではなんと言っても、ミズバショウが人気でしょうか。残念ながら私のコレクションにはありません。その他、観葉植物として身近なものがたくさんあります。
 写真提供にご協力いただいているM-flower5さんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


アグラオネマ属(Aglaonema)
・シルバー・キング(Aglaonema × "Silver King")
(解説)東南アジアが原産地。撮影:イラン
d0096455_1045574.jpg


オランダカイウ属(Zantedeschia)
・カラー(オランダ海芋)(Zantedeschia aethiopica)、英名:Calla
(解説)南アフリカが原産。花のように見えるのは仏炎苞で、その中に肉穂状の花序がある。撮影:オランダ
d0096455_1046848.jpg


カラジウム属(Caladium)
・カラジウム(Caladium bicolor)、英名:Fancy-leafed caladium
(解説)パナマ、ギアナ、ブラジルにかけてが原産。日本へは明治時代の中頃に渡来。和名では「ニシキイモ」、別名で「ハイモ」、「ハニシキ」と呼ばれる。撮影:イラン
d0096455_10461847.jpg

d0096455_11102373.jpg


クワズイモ属(Alocasia)
・アローカシア・アマゾニカ(Alocasia x amazonica)、英名:elephant's ear plant
(解説)東南アジアが原産の園芸種。撮影:日本
d0096455_10465875.jpg

・インドクワズイモ(Alocasia macrorrhiza)、英名:Elephant ear
(解説)東南アジアから太平洋諸島にかけて分布。茎は太くて直立し、高さは2メートルを越えることもある。撮影:タイ
d0096455_21504340.jpg

・クワズイモ(食わず芋)(Alocasia odora)、英名:Giant elephant's ear
(解説)日本、台湾、中国、フィリピンにかけて分布。誤って食べると中毒を起こすという。撮影:日本
d0096455_10462758.jpg


コンニャク属(Amorphophalus)
・コンニャク(蒟蒻)(Amorphophalus rivieri)、英名:Devil's tongue、Voodoo lily
(解説)東南アジアのベトナム南部からインド東部にかけて分布。日本へは奈良時代に渡来。初夏に、暗紫色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をだす。球茎は「コンニャク」の原料となる。撮影:日本
d0096455_10478100.jpg

・ゾウコンニャク(象蒟蒻)(Amorphophallus paeoniifolius)、英名:Elephant yam
(解説)インドから東南アジア、パプアニューギニアに分布。半日陰の林内などに生える。若い葉柄は茹でて食用にされる。撮影:タイ
d0096455_13281092.jpg


ザゼンソウ属(Symplocarpus)
・ザゼンソウ(座禅草)(Symplocarpus foetidus var. latissimus)
(解説)日本、朝鮮半島、アムール地方、サハリンに分布。名前は、袈裟を着て座禅を組む僧侶の姿にたとえたもの。撮影:日本
d0096455_10471735.jpg

(白色の種)
d0096455_10474637.jpg


サトイモ属(Colocasia)
・サトイモ(里芋)(Colocasia esculenta Schott)、英名:Taro
(解説)インド東部からインドシナ半島あたりが原産。今では熱帯・亜熱帯地域で広く栽培されている。品種改良を繰り返した結果、めったに花は咲かない。撮影:日本
d0096455_10475713.jpg

・タロイモ(Colocasia esculenta)、英名:Taro
(解説)タロイモはサトイモ属の総称。サトイモはその一種。撮影:タイ
d0096455_1372055.jpg


シンゴニウム属(Syngonium)
・シンゴニウム・ポドフィルム(Syngonium podophyllum)、英名:African evergreen、arrowhead vine
(解説)熱帯アメリカが原産。斑の白色が美しく、緑色とのコントラストが 魅力的。葉の感じも1枚ずつ違う。撮影:イラン
d0096455_1048636.jpg


スパシフィルム属(Spathiphyllum)
・スパシフィルム(Spathiphyllum)、英名:Peace lily
(解説)メキシコ南部から中央アメリカにかけて分布。園芸種が多く作出されている。撮影:タイ
d0096455_10481927.jpg


ディフェンバキア属(Dieffenbachia)
・ディフェンバキア(Dieffenbachia cv.)、英名:dumb cane
(解説)熱帯アメリカが原産。幅広い葉に白い斑がかすり模様に入る美しい人気の観葉植物。撮影:イラン
d0096455_10482697.jpg

・デフェンバキア・アモエナ(Dieffenbachia amoena)
(解説)熱帯アメリカが原産。多くの園芸品種が作出されている。撮影:タイ
d0096455_2153385.jpg


テンナンショウ属(Arisaema)
・ウラシマソウ(浦島草)(Arisaema thunbergii ssp. urashima)
(解説)北海道中北部を除いて全国に分布。名前は、花序の先端から長く伸びたものを浦島太郎の釣り糸に見立てたもの。撮影:日本
d0096455_10483560.jpg

・マムシグサ(蝮草)(Arisaema serratum)
(解説)日本の各地に分布。別名で「カントウマムシグサ」、「ムラサキマムシグサ」とも呼ばれる。名前は、茎の模様が「マムシ」のように見えることから。撮影:M-flower5さん
d0096455_10484363.jpg


ハンゲ属(Pinellia)
・オオハンゲ(大半夏)(Pinellia tripartita)
(解説)日本全土に分布。山地の道端や畑地に自生する多年生草本。撮影:MAKIANDさん
d0096455_2220514.jpg


フィロデンドロン属(Philodendron)
・フィロデンドロン(Philodendron)、英名:Philodendron
(解説)南アメリカが原産。蔓性で、気根を出して樹木などによじ登る。撮影:イラン
d0096455_10485558.jpg

・フィロデンドロン・セローム(Philodendron selloum)、
(解説)ブラジルからパラグアイにかけてが原産地。別名で「ヒトデカズラ」とも呼ばれる。撮影:八丈島
d0096455_1049392.jpg


ベニウチワ属(Anthurium)
・アンスリウム(大紅団扇)(Anthurium andreanum)、英名:Tailflower、Anthurium
(解説)南アメリカのコロンビアからエクアドルに分布。園芸種が作出されている。撮影:イラン
d0096455_10492164.jpg


ボタンウキクサ属(Pistia)
・ボタンウキクサ(Pistia stratiotes)、英名:Water lettuce
(解説)世界中の熱帯から亜熱帯にかけて広く分布。別名で「ウォーターレタス」とも呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_15552329.jpg


ホマロメナ属(Homalomena)
・ホマロメナ・ルベスケンス(Homalomena rubescens)
(解説)ヒマラヤの低地からバングラデシュ、インドネシアに分布。葉柄が赤いのが特徴。撮影:タイ
d0096455_11381754.jpg


モンステラ属(Monstera)
・モンステラ・デリシオーサ(Monstera deliciosa)
(解説)熱帯アメリカが原産。観葉植物として人気がある。撮影:イラン
d0096455_10493389.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-02 10:49
<< サボテン科(Cactaceae) ザクロ科(Punicaceae) >>