<< シュウカイドウ科(Begoni... シソ科(Labiatae) >>

ジャケツイバラ科(Caesalpiniaceae)

 植物科別勉強中、今回はジャケツイバラ科です。ジャケツイバラ科はマメ科とネムノキ科の祖先と言われ、バラ目から生まれたと考えられています。代表的なものは、カッシア(カワラツメケイ)、オオゴチョウ、ホウオウボクなどでしょうか。
 写真提供にご協力いただいているM-flower5さんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


カワラツメケイ属(Cassia)
・モクセンナ(Cassia surattensis)、英名:Scrambled egg tree, Glaucous Cassia
(解説)マレー半島、ジャワ島、スマトラ島が原産。別名、「イリタマゴノキ」。撮影:ベトナム
d0096455_13174896.jpg

・コバノセンナ(Cassia coluteoides)、英名:Climbing cassia, Christmas cassia
(解説)南アメリカのブラジルが原産。高さは3メートルほどになる。葉は夜になると閉じる。撮影:M-flower5さん
d0096455_13175882.jpg

・ハナセンナ(Cassia corymbosa)、英名:Argentine senna
(解説)南アメリカのブラジル中部からアルゼンチン北部にかけて分布。「アンデスの乙女」とも呼ばれる。撮影:M-flower5さん
d0096455_1318717.jpg

・ナンバンサイカチ(南蛮皀莢)(Cassia fistula)、英名:Golden shower
(解説)インドやスリランカ、ビルマが原産。別名で「ゴールデン・シャワー」と言う。写真:タイ
d0096455_13184157.jpg


ペルトフォルム属(Peltophorum)
・コウエンボク(黄炎木)(Peltophorum pterocarpum)、英名:Yellow flame
(解説)東南アジア、オーストラリア北部が原産。撮影:タイ
d0096455_9532288.jpg


ホウオウボク属(Delonix Rafin)
・オオゴチョウ(黄胡蝶)(Poinciana pulcherrima)、英名:Dwarf poinciana, Peocock flower
(解説)熱帯アメリカや西インド諸島が原産。撮影:タイ
d0096455_13194785.jpg

・ホウオウボク(鳳凰木)(Delonix regia)、英名:Royal poinciana
(解説)マダガスカルが原産。現在では熱帯から亜熱帯の地域に植栽。撮影:ドバイ
d0096455_13202340.jpg

・ポインキアナ・ギリエシイ (Poinciana gilliesii)、英名:Bird of paradise、Yellow bird of paradise
(解説)南アメリカが原産。写真のものは園芸種として栽培されたもののようです。撮影:イラン
d0096455_13192079.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-03 13:20 | Comments(0)
<< シュウカイドウ科(Begoni... シソ科(Labiatae) >>