<< スベリヒユ科(Portulac... スイレン科(Nymphaeac... >>

スズカケノキ科(Platanaceae)

 植物科別勉強中、今回はスズカケノキ科です。学名から来る「プラタナス」という呼び名も一般的です。イランでは街路樹によく見ることができます。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


スズカケノキ属(Platanus)
・スズカケノキ(鈴懸の木)(Platanus orientalis)
(解説)アジア西部からヨーロッパ南東部原産で、樹高は15~35mになる。果実は直径3.5cmの球形でぶら下がる。和名はその様子から来たもの。
d0096455_6174829.jpg

・アメリカスズカケノキ(Platanus occidentalis)、英名:American sycamore、Buttonwood
(解説)北アメリカの東部が原産。環境汚染や刈り込みに強く、ニューヨークでも街路樹として植栽されている。写真はまだありません。
[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-03 18:17
<< スベリヒユ科(Portulac... スイレン科(Nymphaeac... >>