<< タデ科(Polygonaceae) ソテツ科(Cicadaceae) >>

タコノキ科(Pandanaceae)

 植物科別勉強中、今回はタコノキ科です。アジアをはじめアフリカ、太平洋諸島、オーストラリアにまで広く 分布している低木で約650種あるそうです。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


タコノキ属(Pandanus)
・タコノキ(蛸の木)(Pandanus boninensis)
(解説)小笠原諸島に分布。初夏、枝先に肉穂花序をつけ、花を咲かせる。果実は黄赤色に熟し、食べることができる。撮影:八丈島
d0096455_10381655.jpg

・ヒメタコノキ(姫蛸の木)
(解説)小型のタコノキ、八丈島の植物園にありました。詳細は不明です。撮影:八丈島
d0096455_10382381.jpg

・パンダヌス・デュビウス(Pandanus dubius)
(解説)詳細不明。撮影:マレイシア
d0096455_10352538.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-04 10:38 | Comments(0)
<< タデ科(Polygonaceae) ソテツ科(Cicadaceae) >>