<< タヌキモ科(Lentibula... タコノキ科(Pandanaceae) >>

タデ科(Polygonaceae)

 植物科別勉強中、今回はタデ科です。タデ科には地味な植物が多いようです。どれも花が小さいので地味に映るのでしょう。
 写真提供のご協力をいただいているM-flower5さん、nekocchiさん、MAKIANDさんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


アンティゴノン属(Antigonon)
・アサヒカズラ(朝日葛)(Antigonon leptopus)、英名:Coral vine、Mexican coral vine
(解説)メキシコから中央アメリカに分布。花弁はなく、見えるのは濃いピンク色をしたハート形の萼片。別名で「ニトベカズラ」(新渡戸葛)と呼ばれる。撮影:ベトナム
e0031500_10263534.jpg

・白花アサヒカズラ(Antigonon leptopus cv. Alvum)
(解説)メキシコが原産。熱帯各地で野生化している。撮影:マレイシア
d0096455_4504234.jpg


イタドリ属(Reynoutria)
・イタドリ(虎杖)(Reynoutria japonica)、英名:Japanese knotweed
(解説)日本、朝鮮半島、台湾に分布。大阪での呼び名は「スカンポ」。撮影:nekocchiさん
d0096455_14595014.jpg


イヌタデ属(Persicaria)
・イヌタデ(犬蓼)(Persicaria longiseta)
(解説)日本、朝鮮半島、中国に分布。道端や畑、荒れ地などに生える。別名で「アカマンマ」とも呼ばれる。白い花のものもある。撮影:日本
e0031500_10264818.jpg

・オオケタデ(大毛蓼)(Persicaria pilosa)、英名:Prince's feather
(解説)中国の南部からヒマラヤに分布。日本へは観賞用に江戸時代に渡来。撮影:日本
e0031500_10271647.jpg

・サクラタデ(桜蓼)(Persicaria conspicua)
(解説)本州から四国、九州に分布。水田や水辺の湿地に生える。撮影:M-flower5さん
e0031500_10273088.jpg

・ハナタデ(花蓼)(Persicaria posumbu)
(解説)日本、朝鮮半島、中国、ヒマラヤに分布。山野の林内や林縁などのやや湿ったところに生え、高さは30~60センチになる。別名で、「ヤブタデ」(藪蓼)とも呼ばれる。撮影:日本
d0096455_22231447.jpg

・ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)(Persicaria senticosa)
(解説)日本、朝鮮半島、中国に分布。花弁はなく、花のように見えるのは萼片。撮影:八丈島
d0096455_122655.jpg


ギシギシ属(Rumex)
・ギシギシ(羊蹄)(Rumex obtusifolius)
(解説)道端や草地に自生。撮影:イラン
e0031500_1050422.jpg

・スイバ(酸葉)(Rumex acetosa)、英名:Sorrel
(解説)北半球の温帯地域に広く分布。名前は、茎や葉に蓚酸が含まれ噛むと酸っぱいことから。別名で「スカンポ」とも呼ばれる。撮影:八丈島
e0031500_10275777.jpg

・ルメックス・エルブルセンシス(Rumex elbursensis)
(解説)イランの高原地域でみつけたもの。アルボルズ・ギシギシと呼んでもいいようです。撮影:イラン
d0096455_11165681.jpg


ソバ属(Fagopyrum)
・シャクチリソバ(赤地利蕎麦)(Fagopyrum cymosum)、英名:Perennial buckwheat
(解説)インド北部から中国が原産。日本でも一部野生化している。別名で「シュッコンソバ」(宿根蕎麦)とも呼ばれる。撮影:M-flower5さん
e0031500_10281327.jpg


タデ属(Polygonum)
・オオベニタデ(大紅蓼)(Polygonum orientare)
(解説)インド、マレーシア、中国が原産。河原や荒地に生える。撮影:M-flower5さん
e0031500_1031432.jpg

・ナツユキカズラ(夏雪葛)(Polygonum aubertii)、英名:Silver lacevine
(解説)中国の西部やヒマラヤに分布。撮影:イラン
e0031500_10311729.jpg

・ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)(Polygonum capitatum)、英名:Pink-head knotweed
(解説)インド北部のヒマラヤが原産。日本へは明治時代の中頃に渡来。撮影:日本
d0096455_22264832.jpg

・ミズヒキ(水引)(Polygonum filiforme)
(解説)日本、朝鮮半島、中国、インドネシアに分布。名前は、その姿が水引に似ていることから。撮影:日本
e0031500_10313494.jpg

・ミゾソバ(溝蕎麦)(Polygonum thunbergii)
(解説)日本、朝鮮半島、中国に分布。茎にはまばらに下向きの棘がある。別名で、「うしのひたい」(牛の額)とも呼ばれる。撮影:MAKIANDさん
d0096455_11125873.jpg

・ギンミズヒキ(銀水引)(Polygonum filiforme form albiflorum)
(解説)ミズヒキの白花品種。園芸種だと思われます。撮影:日本
e0031500_10314329.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-04 10:43
<< タヌキモ科(Lentibula... タコノキ科(Pandanaceae) >>