<< ノウゼンハレン科(Tropec... ネムノキ科(Mimosaceae) >>

ノウゼンカズラ科(Bignoniaceae)

 植物の科別勉強中です。今回はノウゼンカズラ科です。世界三大花木というのがあるそうで、ホウオウボク、ジャカランダ、カエンボクの三種類なんだそうです。珍しい木という以外に理由がみつかりません。ホウオウボクについてはジャケツイバラ科で紹介しましたが、今回はジャカランダとカエンボクの属しているノウゼンカズラ科です。
 写真提供にご協力いただいているM-flower5さん、宇宙和里さんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


オロクシルム属(Oroxylum)
・ソリザヤノキ(Oroxylum indicum)、英名:Broken Bones Tree
(解説)インドネシア、マレー半島に分布。夜に開花し、朝には落ちてしまう。別名で「木胡蝶」とも呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_21522688.jpg

d0096455_14214346.jpg

d0096455_21532962.jpg


キササゲ属(Catalpa)
・アメリカキササゲ(アメリカ木大角豆)(Catalpa bignonioides)、英名:Southern catalpa、Indian bean
(解説)アメリカ南部が原産と考えられている。日本へは明治時代の終わりに渡来。撮影:ルーマニア
d0096455_13391034.jpg

・キササゲ(Catalpa ovata)
(解説)中国が原産。果実が紐状なのでササゲ(豆)にたとえ、木のササゲと名付けられた。撮影:イラン
d0096455_13305964.jpg


ジャカランダ属(Jacaranda)
・ジャカランダ(桐擬き)(Jacaranda sp.)、英名:Jacaranda
(解説)南アメリカに分布。日本の園芸品種にプベルラ・カローバがある。撮影:宇宙和里さん
d0096455_13275398.jpg

(近景)
d0096455_1328720.jpg


スパトデア属(Spathodea)
・カエンボク(火焔木)(Spathodea campanulata)、英名:African tulip tree、Fountain tree
(解説)熱帯アフリカの西部が原産。春から夏にかけて枝先の総状花序に赤橙色で黄色いフリルのある大きな花を咲かせる。写真はまだありません。

タベブイア属(Tabebuia)
・コガネノウゼン(黄金凌霄花)(Tabebuia chrysotricha)、英名:Golden trumpet tree
(解説)南アメリカのブラジルからコロンビアに分布。プラジルの国花。撮影:タイ
d0096455_13282333.jpg

・タベブイア・アベラネダエ(Tabebuia avellanedae)
(解説)ブラジルからアルゼンチンに分布。コガネノウゼンはブラジルの国花。撮影:ブラジル
d0096455_1055190.jpg

・モモイロノウゼン(桃色凌霄花)(Tabebuia rosea)、英名:Pink trumpet tree、Pink tecoma
(解説)メキシコ南部から熱帯アメリカに分布。別名で「キダチベニノウゼン」(木立紅凌霄花)とも呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_13285140.jpg


テコマ属(Tecoma)
・キンレイジュ(金鈴樹)(Tecoma stans)、英名:Yellow bells、Yellow elder
(解説)熱帯アフリカが原産。枝先にトランペット形の鮮やかな黄色い花を咲かせる。撮影:タイ
d0096455_1111516.jpg


テコマリア属(Tecomaria)
・ヒメノウゼンカズラ(姫凌霄花)(Tecomaria capensis)、英名:Cape honeysuckle
(解説)南アフリカが原産。ほとんど一年中、紅橙色の漏斗形の花を咲かせる。撮影:八丈島
d0096455_13293536.jpg


ノウゼンカズラ属(Campsis)
・ノウゼンカズラ(Campsis grandiflora)、英名:Trumpet creeper
(解説)中国が原産。赤橙色がオリジナルだが、園芸種がいろいろある。撮影:日本
d0096455_1330337.jpg

・アメリカノウゼンカズラ(Campsis radicans)、英名:Trumpet vine
(解説)北アメリカが原産。花の色には濃い赤色、ピンク、黄色がある。撮影:イラン
d0096455_1330334.jpg


パンドレア属(Podranea)
・ピンクノウゼンカズラ(ピンク凌霄花)(Podranea ricasoliana)、英名:Pink trumpet vine、Port St. John' creeper
(解説)南アフリカが原産。葉は奇数羽状複葉で、小葉の縁には鋸歯がある。撮影:タイ
d0096455_11355677.jpg


プセウドカリンマ属(Pseudocalymma)
・ガーリックバイン(大蒜葛)(Pseudocalymma alliaceum)、英名:Garlic vine
(解説)南アメリカのギアナやブラジルに分布。沖縄でもみられるそうです。葉を潰すとニンニクのような香りがある。別名で、「ニンニクカズラ」(大蒜葛)とも呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_14312751.jpg


ミリントニア属(Millingtonia)
・ミリントニア・ホルテンシス(Millingtonia hortensis)、英名:Cork tree
(解説)詳細不明。別名で「コルクノウゼン」と呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_1882542.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-05 13:31
<< ノウゼンハレン科(Tropec... ネムノキ科(Mimosaceae) >>