<< ヒルギ科(Rhizophora... ヒユ科(Amaranthaceae) >>

ヒルガオ科(Convolvulaceae)

 植物科別勉強中、どうですか一緒に勉強しませんか。今回はヒルガオ科です。ヒルガオ科は比較的小さな科です。アサガオ、ヒルガオ、サツマイモ、ルコウソウなどが代表的な花でしょうか。
 写真提供にご協力をいただいているM-flower5さんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


アサガオガラクサ属(Evolvulus)
・アメリカンブルー(Evolvulus pilosus(glomeratus))、英名:Blue daze
(解説)アメリカが原産。別名で「エボルブルス」とも呼ばれる。撮影:タイ
e0031500_9341534.jpg


オオバアサガオ属(Argyreia)
・オオバアサガオ(大葉朝顔)(Argyreia nervosa)、英名:Elephant creeper、Silver morning glory
(解説)インド東部からバングラデシュにかけて分布。現在では熱帯の各地で観賞用に栽培。別名で「ギンヨウアサガオ」とも呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_22215964.jpg


サツマイモ属(Ipomoea)
・アメリカアサガオ(アメリカ朝顔)(Ipomoea hederacea)、英名:Ivy-leaved morning glory
(解説)中央アメリカから南アメリカが原産。現在では、熱帯から温帯地域に広く帰化している。撮影:M-flower5さん
e0031500_9443450.jpg

・アサガオ(朝顔)(Ipomoea nil)、英名:Japanese morning glory
(解説)日本の独自の園芸植物。撮影:日本
e0031500_9342697.jpg

・グンバイヒルガオ(軍配昼顔)(Ipomoea pes-caprae)、英名:Beach Mornig Glory
(解説)南アジアの海岸に分布。葉の形が軍配の形であることから命名されたもの。撮影:タイ
e0031500_9344431.jpg

・ノアサガオ(野朝顔)(Ipomoea indica)、英名:Blue morning glory
(解説)日本の南部、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなどに広く分布。撮影:スペイン
e0031500_9345367.jpg

・マルバアサガオ(丸葉朝顔)(Iponoea purpurea)
(解説)熱帯アメリカ原産のつる性の帰化植物。撮影:日本
e0031500_9351630.jpg

・サツマイモ(薩摩芋)(Ipomoea batatas)、英名:Sweet potato
(解説)中央アメリカが原産。日本へは江戸時代に渡来。別名で「カンショ」(甘藷)とも呼ばれる。写真はまだありません。
・ヨウサイ(よう菜)(Ipomoea aquatica)
(解説)中国やタイ、マレーシアなどの東南アジアに分布。料理に使用される。別名「空芯菜」、「アサガオ菜」。撮影:ベトナム
e0031500_9355791.jpg


セイヨウヒルガオ属(Convolvulus)
・セイヨウヒルガオ(西洋昼顔)(Convolvulus arvensis)、英名:Field bindweed
(解説)ヨーロッパが原産。今では世界の各地に帰化している。撮影:イラン
e0031500_9361321.jpg

・コンボルブルス・クネオルム(Convolvulus cneorum)、英名:Silverbush
(解説)北アメリカが原産。硬質でメタリック光沢をした銀緑色のシルバーリーフ。撮影:mintogreenさん
d0096455_005475.jpg


ネナシカズラ属(Cuscuta)
・ネナシカズラ(根無し葛)(Cuscuta japonica)、英名:Japanese dodder
(解説)日本の各地をはじめ朝鮮半島や中国、アムール地方に分布。撮影:ベトナム
e0031500_9363375.jpg


ヒルガオ属(Calystegia)
・コヒルガオ(小昼顔)(Calystegia hederacea)
(解説)日本、朝鮮半島、中国東北部に分布。撮影:M-flower5さん
e0031500_9365690.jpg

・ヒルガオ(昼顔)(Calystegia japonica)、英名:Japanese bindweed
(解説)日本、朝鮮半島、中国に分布。撮影:日本
e0031500_937633.jpg

・ハマヒルガオ(浜昼顔)(Calystegia soldanella)
(解説)温帯から熱帯まで広く分布。海岸の砂浜に生える蔓性の多年草。撮影:日本
e0031500_9372119.jpg


ヨルガオ属(Calonyction)
・ヨルガオ(夜顔)(Calonyction aculeatum)、英名:Moonflower
(解説)熱帯アジアなどが原産の常緑蔓性多年草。「ユウガオ(夕顔)」と呼ばれることもあるが、本当の「ユウガオ」はウリ科の植物。写真はまだありません。

ルコウソウ属(Quamoclit)
・ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)(Quamoclit x sloteri)、英名:Cardinal climber
(解説)アメリカにおいて「ルコウソウ(Q. pennata)」と「マルバルコウ(Q.coccinea)」から交配された園芸品種。撮影:ルーマニア
e0031500_9383639.jpg

・ルコウソウ(縷紅草)(Quamoclit pennata)、英名:Cypress vine
(解説)熱帯アメリカが原産。日本へは江戸時代のはじめに渡来。撮影:タイ
d0096455_11363681.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-06 14:40
<< ヒルギ科(Rhizophora... ヒユ科(Amaranthaceae) >>