<< ヘゴ科(Cyatheaceae) フトモモ科(Myrtaceae) >>

ブナ科(Fagaceae)

 植物科別勉強中、今回はブナ科です。世界に10数属、日本に約600種があり、温帯、暖帯の樹木であり、落葉または常緑の高木が多いといいます。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


シイ属(Castanopsis)
・スダジイ(すだ椎)(Castanopsis sieboldii)、英名:なし
(解説)本州、四国、九州、済州島に分布。10月ごろに熟し、しぶ抜きせずにそのまま炒って食べられる。撮影:日本
d0096455_16162492.jpg

ブナ属(Fagus)
・ヨーロッパブナ(Fagus sylvatica)、英名:European beech
(解説)ヨーロッパに広く分布。4月から5月ごろ目立たない花をつけ、9月から10月には莢果が割れて種子がのぞく。撮影:ルーマニア
d0096455_16163194.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-06 16:04
<< ヘゴ科(Cyatheaceae) フトモモ科(Myrtaceae) >>