<< モウセンゴケ科(Drosera... ムラサキ科(Boraginac... >>

メギ科(Berberidaceae)

 植物科別勉強中、今回はメギ科です。北半球の温帯地域を中心に15属約650種が知られ、特に中国からヒマラヤにかけて種類が多いそうです。
 写真提供にご協力いただいているM-flower5さんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


イカリソウ属(Epimedium)
・イカリソウ(錨草)(Epimedium grandiflorum var. thunbergianum)
(解説)本州、近畿地方以北の太平洋側から北海道に分布。4月から5月ごろ、枝先の総状花序に淡い紫色から白色の花を咲かせる。撮影:M-flower5さん
d0096455_13504626.jpg


ナンテン属(Nandina)
・ナンテン(南天)(Nandina domestica)、英名:Heavenly bamboo、Sacred bamboo
(解説)日本、中国、インドに分布。果実は球形の液果で、晩秋に赤く熟す。撮影:八丈島
d0096455_13511148.jpg


ヒイラギナンテン属(Mahonia)
・ヒイラギナンテン(柊南天)(Mahonia japonica)、英名:Jananese mahonia
(解説)中国、ヒマラヤ、台湾が原産。日本へは江戸時代のはじめに渡来。撮影:イラン
d0096455_13512963.jpg


ポドフィルム属(Podophyllum)
・アメリカハッカクレン(アメリカ八角蓮)(Podophyllum peltatum)、英名:May apple
(解説)北アメリカが原産。全草に毒成分を含む。撮影:M-flower5さん
d0096455_13513811.jpg


メギ属(Berberis)
・アカバメギ(赤葉目木)(Berberis thunbergii spp.)
(解説)別名で「コトリトマラズ」(小鳥止まらず)とも呼ばれる。花期は4月~5月。撮影:イラン
d0096455_1352216.jpg

・ベルベリス・オルトボトリス(Berberis orthobotrys)
(解説)イラクからイラン、パキスタン、ネパールに分布。撮影:イラン
d0096455_13521929.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-07 13:52 | Comments(0)
<< モウセンゴケ科(Drosera... ムラサキ科(Boraginac... >>