<< アストラガルス・ピクノセファルス エルムルス・スペクタビリス(ユリ科) >>

ソレナンサス・スタミネウス(ムラサキ科)

イランの高原では多くの花の写真を撮りましたが、あまり一般的なものでないため、名称調べは後回しにしていました。幸い、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”というイランでみられるほとんどすべての植物が掲載されている植物図鑑があるので調べることは可能です。

ただ、5万種もの植物が掲載されているため、目的の植物を見つけ出すのが大変なんです。少なくとも何科なのか分からないととても探せるものではありません。

今回の植物は、ラール国立公園でみつけたものです。花の色、正確にはガクかな、長いおしべ、大きな葉、これらの特徴をみると、ムラサキ科の植物かも知れないという見当をつけました。ムラサキ科というと、日本でみられるものは、ワスレナグサ、コンフリー、ヘリオトロープくらいでしょうが、イランの荒野にはさまざまな種類が見られます。

ムラサキ科の図鑑を探していると、案の定探しているものがありました。^^

ソレナンサス属(Solenanthus)
・ソレナンサス・スタミネウス(Solenanthus stamineus)
(解説)イランのラール国立公園でみつけたものです。花期は5月~7月。撮影:イラン
e0031500_750435.jpg

e0031500_7505072.jpg

因みに、イランで見られるムラサキ科の植物を紹介しておきますね。

(アンキューサ)
e0031500_751024.jpg

(オノスマ)
e0031500_751831.jpg

(ノネア)
e0031500_7511982.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-15 08:04 | 植物の写真 | Comments(0)
<< アストラガルス・ピクノセファルス エルムルス・スペクタビリス(ユリ科) >>