<< ムスカリ(ユリ科) レースラベンダー(シソ科) >>

シンビジウム(ラン科)

我が家のシンビジウムが咲き始めました。シンビジウムというよりもシュンラン(春蘭)という方が親しみやすいでしょうか。シュンランは日本にも古くからありますが、シンビジウムは盛んに改良されて新品種が開発されています。シンビジウムは、東南ジアからヒマラヤ、アッサム地方の高原地帯に分布しているものだそうです。

我が家では、シンビジウムは寒さに強いので、もっぱら屋外にあります。デンドロビウム、カトレア、胡蝶蘭が室内に置かれているのに比べて気の毒な感じがします。このところ強風の日が多いので、鉢が倒れたりしていますが、寒さに耐え、強風に耐え、大変なことです。
e0031500_5524596.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-04-02 06:12 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2007-04-03 22:15
お写真で見るととてもきれいです。
うちもシンビジュウムは外に出しっぱなしですが、花は咲いてくれます。
根が張りすぎて陶器の鉢を割られてしまいました。
それでもそのままにしてあります^^;・・・抜けないんです(;><
半分根っこが出ていますが、平気なんですね~(**
Commented by FlowerPhotos at 2007-04-04 09:27
nekocchi1122さん、おはようございます。^^
シンビジウムって丈夫ですね。ちゃんと花も咲いてくれるし、立派な蘭ですねぇ。^^
我が家にも鉢のまま地植えにされているものがあったなぁ・・・(汗)
<< ムスカリ(ユリ科) レースラベンダー(シソ科) >>