<< クレマチス・モンタナ(キンポウゲ科) マツバギク(ツルナ科) >>

ハナツルクサ(ツルナ科)

ツルナ科の「ハナツルクサ」(花蔓草)、園芸では「アプテニア」と呼ばれているようです。南アフリカが原産だそうです。属は違いますが、「マツバギク」の近縁種のようです。イランで見かけたことはありますが、日本では初めてだと思います。
e0031500_14315111.jpg

(イランのアパートにあったもの)
e0031500_14535259.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-04-14 13:24 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2007-04-16 00:22
花の感じがマツバキクに良く似ていると思いますが、色はこちらがいいですね^^
私は多肉植物を育てるのが下手で・・・買っても枯らし、頂いても枯らしで最悪です^^;
Commented by FlowerPhotos at 2007-04-16 13:26
nekocchi1122さん、そうですね。^^
マツバギクにもいろいろな色が出ているようで、最近知りました。
こちらは園芸種ですけど、派手さがないので好感が持てます。
多肉植物、丈夫なはずなのですが、なかなか難しいですね。
<< クレマチス・モンタナ(キンポウゲ科) マツバギク(ツルナ科) >>