<< ナスタチウム(ノウゼンハレン科) ローズマリー(シソ科) >>

ナガミヒナゲシ(ケシ科)

もともと園芸植物でしたが、既に帰化して道端に咲いています。もともとは地中海沿岸やヨーロッパ中部が原産だそうです。漢字で書くと、「長実雛罌粟」です、難しい字ですね。長実というのは、文字通り果実が長い形をしているからです。
e0031500_10572610.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-04-18 07:31 | 植物の写真 | Comments(6)
Commented by nekocchi1122 at 2007-04-20 00:09
やっと来られました~^^
きれいですね~~^^
花弁の柔らかさが伝わってきます。
果実が長い・・・覚えました~^^
Commented by FlowerPhotos at 2007-04-20 14:12
nekocchi1122さん、こんにちは。^^
野草のようなポピーですね。イランにはたくさんありました。
花弁がなんとも頼りなく見えます。それでも丈夫な植物ですけどね。^^
Commented by nekocchi at 2007-04-23 01:28 x
真ん中の雌蕊の幾何学模様がいいですね。
Commented by FlowerPhotos at 2007-04-23 01:38
nekocchiさん、そうですね。^^
他の植物の花でもいろいろ面白い形がみられますね。
花後もまた面白いしね。^^
Commented by oohay7901 at 2007-05-11 07:55
ナガミヒナゲシ 不思議な花です。
いつの間にか 庭に来て咲いています。
私もアップしてみました。
良く見ると情熱的で奇麗な花です
Commented by elderman at 2007-05-11 11:53
oohay7901さん、こちらにも、ありがとうございます。^^
お写真、拝見いたしました。少しだけ咲いていると美しさが引き立つかも知れませんね。^^
<< ナスタチウム(ノウゼンハレン科) ローズマリー(シソ科) >>