<< ビワモドキ科(Dillenia... ヒルガオ科(Convolvul... >>

ヒルギ科(Rhizophoraceae)

 植物科別勉強中、今回はヒルギ科です。ヒルギ科はマングローブ林を構成する主要な植物を含んだ科です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


オオバヒルギ属(Rhizophora)
・オオバヒルギ(大葉漂木)(Rhizophora mucronata)
(解説)東南アジア、オーストラリア、ミクロネシア、メラネシア、マダガスカル、アフリカに分布。マングローブ林の前面からやや中央部にかけて生育する。撮影:タイ
d0096455_21222814.jpg

・フタバナヒルギ(Rhizophora apiculata)
(解説)東南アジア、オーストラリア、ミクロネシア、ニューカレドニア、メラネシアに分布。マングローブの中で広範囲に純林を形成する高木。撮影:タイ
d0096455_2124083.jpg


オヒルギ属(Bruguiera)
・オヒルギ(雄漂木)(Bruguiera gymnorrhiza)、英名:Burma mangrove
(解説)日本の南西諸島以南から、台湾やフィリピン、東南アジアに分布。マングローブを形成する樹種のひとつ。別名で「ベニバナヒルギ」(紅花漂木)とも呼ばれる。撮影:タイ
d0096455_1234485.jpg

・シロバナヒルギ(白花漂木)(Bruguiera cylindrica)
(解説)東南アジア、オーストラリア、パプアニューギニアに分布。マングローブの中央部に生育する高木。撮影:タイ
d0096455_21253460.jpg

・ヒメヒルギ(姫漂木)(Bruguiera parviflora)
(解説)東南アジア、オーストラリア、メラネシアに分布。マングローブの前面から中央部の日当たりのよい場所に生育する高木。撮影:タイ
d0096455_21293236.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-06 14:50
<< ビワモドキ科(Dillenia... ヒルガオ科(Convolvul... >>