<< パパイヤ(パパイヤ科) オオバアサガオ(ヒルガオ科) >>

チョウマメ(マメ科)

マメ科のチョウマメ(蝶豆)です。インドから東南アジアが原産だそうですが、今では熱帯・亜熱帯地域に広く分布しているそうです。日本には江戸時代に渡来しているそうです。

とても面白い形をしています。色も鮮やかな青なので遠くからでも認識できます。私は、日本で見たことはありませんでした。学名は、”Clitoria Ternatea Linn”というのですが、すごい名前をつけたものです・・・ 何がすごいかって?分からなければ、気にしないでくださいね。(汗)
e0031500_0342746.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-06-04 07:40 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by nekocchi at 2007-06-04 20:23 x
私もマメ科の植物をアップしたばかりです^^
マメ科の花はかわいいです~♪
ン??学名読めない・・・でも、イメージで・キャ~~ッ!(^^;
Commented by えるだま at 2007-06-04 20:48 x
nekocchiさん、こんばんは。^^
ほうほう、そうですか、では、直ぐに拝見させていただきます。
きゃ~~ですね。植物の分類学者リンネさんの命名だそうです。^^
<< パパイヤ(パパイヤ科) オオバアサガオ(ヒルガオ科) >>