<< デュランタ(クマツヅラ科) シロバナサンタンカ(アカネ科) >>

シンビジウム・アロイフォリウム(ラン科)

ラン科のセロジネ・ウニフローラです。ビルマからタイが原産だそうです。雨林の林内に生え、樹幹や岩上に着生します。ラン科シュンラン属のシンビジウム・アロイフォリウムです。インドからインドシナ半島、インドネシア、中国南部に分布している原種系の着生ランだそうです。写真の花は、下宿先の庭にある大きな木に着生していました。
e0031500_16125211.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-06-08 00:28 | 植物の写真 | Comments(5)
Commented by nekocchi at 2007-06-08 19:13 x
ラン科の花らしい感じですね~。
下の花びら?がまるまっているんですね~。
Commented by えるだま at 2007-06-08 20:22 x
nekocchiさん、そうですね。^^
自然のラン、面白いと思うようになりました。
ランはあまりにも改良されているので、ちょっと興味が湧きませんでしたけけどね。熱帯の自然で見ると素敵だと思うようになりました。^^
Commented by nekocchi1122 at 2007-06-10 00:22
自然のものは美しさには多少欠けますが、素朴でたくましい中に美しさがありますからよいのだと思います。
Commented by FlowerPhotos at 2007-06-10 17:12
nekocchiさん、そうですね。^^
こちらのラン、遠目ではほとんど目立ちません。気がついて近づいてみるとちゃんとしたランだったという具合です。でも、近づいたら、あ、面白い花だと思いましたよ。^^
Commented by 通りすがり at 2017-07-18 16:07 x
過去記事に失礼します。
画像のシンビジウムはアロイフォリウムではなく、フィンレイソニアナムです。
アロイフォリウムはリップに縦筋が入ります。
<< デュランタ(クマツヅラ科) シロバナサンタンカ(アカネ科) >>