<< グアバ(フトモモ科) ムラサキアリアケカズラ(キョウ... >>

シロゴチョウ(マメ科)

マメ科の花で今まで見たものの中で一番大きなものです。10cmくらいの大きさでした。調べてみると、シロゴチョウ(白胡蝶)という名前でした。東南アジア、インドが原産で、若葉や花が食用になるそうです。
e0031500_1430214.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-06-19 00:01 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2007-06-19 21:21
食料になると言うところでは、カラスノエンドウも同じです。
でも・・・花がマメ科の花らしくない?のでしょうか?
葉はマメ科らしいですけど。花は胡蝶蘭のほうに似ていると言うことですかね~。
Commented by えるだま at 2007-06-19 22:02 x
nekocchiさん、こんばんは。^^
カラスノエンドウって食料になるんですか、それは知りませんでした。
これだけ大きいとマメ科の花と言ってもねぇ。ボロ布がぶら下がっている感じですね。(笑)
重力のない世界で、どんな形になるのか確認したいですね。
<< グアバ(フトモモ科) ムラサキアリアケカズラ(キョウ... >>