<< リンコスティリス(ラン科) パパイヤの雄花と雌花 >>

エリデス・オドラータ(ラン科)

ラン科のエリデス・オドラータです。私の滞在している家の庭の木にいくつか着生しています。インドからインドネシア、フィリッピンが原産だそうで、芳香を持っています。カシューナッツのような形の部分、しっかりと閉じている訳ではなく、少しだけ隙間がありました。
e0031500_4185978.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-06-24 18:38 | 植物の写真 | Comments(4)
Commented by nekocchi at 2007-06-26 01:25 x
花は少しでも隙間がないと受粉できませんものね~^^
カシューナッツ・・・ほんとですね~♪
Commented by えるだま at 2007-06-26 07:33 x
nekocchiさん、おはようございます。^^
ランって受粉しても種子ができるのかなぁ・・・ 野生の着生種だとそれがないと着生できませんね。ランの生態ってよく分からないなぁ。
Commented by nekocchi1122 at 2007-06-27 01:54
どうなんでしょうね~?
うちのタカネエビネ(ラン科)には実がなっていますけど・・・。
Commented by えるだま at 2007-06-27 09:43 x
nekocchiさん、ああ、そうですね。
コウトウシランにも大きな種子がついていました。
少し調べてみないといけませんね。(汗)
<< リンコスティリス(ラン科) パパイヤの雄花と雌花 >>