<< ツルネラ・スブラタ(ツルネラ科) バウヒニア・ブラケアナ(マメ科) >>

ホルムショディア(クマツヅラ科)

ホクマツヅラ科ルムショルディア属のユニークな花です。日本では二種類が出回っているようですが、アジア産とアフリカ産とで原産地が違っています。文献によっては、タヒチアンハットを広い意味でチャイニーズハットに含めているものもあります。

・チャイニーズハット(Holmskioldia sanguinea)、英名:Chinese hat plant
(解説)インドやヒマラヤにかけての亜熱帯地方が原産。高さは2~3メートルになる。撮影:マレイシア
d0096455_1050289.jpg

・タヒチアンハット(Holmskioldia tettensis)、英名:Tahitian hat plant
(解説)アフリカが原産。水分と十分な日差しがあれば、一年中開花する。撮影:mintogreenさん
e0031500_2234033.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-07-13 09:30 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by sawaya3 at 2007-07-13 11:36
チャイニーズハットもタヒチアンハットもユニークで可愛い花ですね~
名前も、面白くて憶えやすいと思います(⌒~⌒)
2mですか~冬は室内管理だとしたら、ちょっと考えてしまいますよ~
何処かの園芸店で出合いがあれば嬉しい花ですから、気に留めておきますね。
Commented by えるだま at 2007-07-14 16:56 x
sawaya3さん、こんにちは。^^
はい、とてもユニークな花だと思います。名前も印象強いので覚えやすいですね。
そうですね、外で越冬は難しいでしょうね。
<< ツルネラ・スブラタ(ツルネラ科) バウヒニア・ブラケアナ(マメ科) >>