<< ダビディア科(Davidiac... タデ科(Polygonaceae) >>

タヌキモ科(Lentibulariaceae)

 植物科別勉強中、今回はタヌキモ科です。食虫植物で、世界の熱帯から温帯に分布しているそうです。
 写真提供に協力いただいているMAKIANDさんは日本に在住の方です。
 参考文献は、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”、”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”、”植物雑学事典(岡山理科大学)”を主としています。


タヌキモ属(Utricularia)
・ウサギゴケ(Utricularia sandersonii)、英名:Bladderwort
(解説)南アフリカに分布。根茎を地中に這わせ、捕虫嚢をつける食虫植物。花の形がウサギの顔に似ている。撮影:千葉市花の美術館
d0096455_912247.jpg

・クリオネ(Utricularia warburgii)
(解説)中国、雲南省が原産とされるミミカキグサの一種。名前は、巻貝の一種のクリオネに花の形が似ていることから。撮影:千葉市花の美術館
d0096455_913064.jpg


ムシトリスミレ属(Pinguicula)
・ムシトリスミレ(Pinguicula 'Aphrodite')
(解説)メキシコ産ムシトリスミレの交配種。ベタベタした葉で虫を捕らえる。撮影:MAKIAND
d0096455_1125465.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2006-12-04 10:48
<< ダビディア科(Davidiac... タデ科(Polygonaceae) >>