<< バルレリア・クリスタータ(キツ... 不思議な木 >>

クロタラリア(マメ科)

村の家の庭でみつけたものですが、どうやらタヌキマメの一種のようです。派手な黄色で、マメ科の植物にしては割り合い大きな花です。実もなっていました。学名でいうと、”Crotalaria なんとか”になるはずですが、種名まではよく分かりませんでした。同属の植物には、ベビーマラカスと呼ばれるものがあり、成熟した種子を振ると音がするそうです。この種子もきっと音がするでしょう。
e0031500_17143869.jpg

e0031500_1783115.jpg

(注)
日本で見られる「タヌキマメ」は、”Crotalaria sessiliflora”で、青紫の花が咲き、果実には褐色の毛があります。
写真の種は、多分”Crotalaria retusa”だと思われますが、鮮やかな黄色い花が咲きます。

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-06 05:51 | 植物の写真
<< バルレリア・クリスタータ(キツ... 不思議な木 >>