<< ヤマカルチュウ(サボテン科) 熱帯の植物(19) >>

アガベ・サイザル(リュウゼツラン科)

少し前になりますが、リュウゼツラン科のアガベと思われる植物に花が咲いているのが確認できました。アガベの花は、100年に一回とかいろいろ言われていますが、それだけ長い間花が咲かないということのようです。

アガベのどの種類なのか、調べるのに時間がかかりましたが、やっと分かりました。アガベ・サイザル(”Agave sisalana”)という名前で、非常に丈夫なサイザル麻の原料になるそうです。

この珍しい花、しばらくして持ち主にバッサリと茎から切られてしまいましたが、花が咲いたら植物全体が枯れるということを恐れたのかも知れません。切ってしまえば、その問題が解決するのかどうかは分かりませんが、12月に再び訪問できたら確認してみたいと思います。
e0031500_2554412.jpg

e0031500_25953100.jpg

(花のアップ)
e0031500_1541213.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-08 00:01 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2007-08-08 18:15
大きな木ですね~・・・また、硬そうな感じがします。
葉っぱの先がとがってますか?
Commented by えるだま at 2007-08-08 21:08 x
nekocchiさん、こんばんは。^^
大きな木というか、この花茎はあっと言う間に伸びたはずです。
この茎自体は、案外柔らかいと思います。切り口を見てもそう思いました。成長が速いから、そんなものでしょう。
葉の先は、尖っていると思います。知らないで近づくと、お尻が痛いと思いますよ。(笑)
<< ヤマカルチュウ(サボテン科) 熱帯の植物(19) >>