<< クロトンの木いろいろ ヤマカルチュウ(サボテン科) >>

着生種に覆われた枝

木の枝いっぱいに張り付く着生種。「ハカマウラボシ」(”Drynaria fortunei”)と言いますが、すごい繁殖力ですねぇ。
e0031500_710671.jpg

e0031500_7112077.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-10 00:01 | 植物の写真 | Comments(10)
Commented by sawaya3 at 2007-08-10 22:09
わぁ~凄い 時に山中で蔓に絡まれた木を見ますけど
こんなに、強烈なのは初めてです。
ちょっと怖いです。絡まれた受身の木が可哀相に思われて
どうなってしまうのでしょうか?
Commented by えるだま at 2007-08-10 22:47 x
sawaya3さん、こんばんは。^^
この植物は蔓性ではありません。寄生している訳でもないので、本体の木には重さ以外には負担はないものと思います。
Commented by sawaya3 at 2007-08-11 05:39
おはようございます♪
そうなのですか。
( ̄・ ̄*)ホッ
Commented by えるだま at 2007-08-11 08:50 x
sawaya3さん、おはようございます。^^
早起きですねぇ。^^
着生種といえば、その代表的な存在が蘭です。蘭も着生する木に悪いことはしていないでしょう。なお、蘭には着生種だけでなく地生種もあります。
Commented by sawaya3 at 2007-08-11 11:00
>早起きですねぇ。^^
気まぐれなんですw
着生種とか地生種とか、私には(*゜・゜)ンッ??
なんて事ですが・・・
そういえば思い出しました~~“フウラン”を撮った事があります。
勿論、自然ではないと思いますが、何の木だったかのか
判りませんが、可なり大きな木の幹の窪みに着生されて?
いた様な。
Commented by えるだま at 2007-08-11 11:06 x
sawaya3さん、そうでしたか。^^
フウラン、私はまだ見たことがありませんが、小さな花を咲かせる着生種ですね。蘭には地面から生えるものもありますね。シュンランなどのシンビジウム系がそうです。
Commented by MAKIAND at 2007-08-11 20:38
これは、私が見て感じたイメージなんですけど、マントヒヒとが一番最初に頭に浮かんだんです。^^
Commented by えるだま at 2007-08-12 01:07 x
MAKIANDさん、あはは、なるほど。(笑)
マントヒヒの鼻のところでしょ。正確に言うと、マンドリルかな。
Commented by nekocchi1122 at 2007-08-14 14:15
葉っぱを見るとシダ植物でしょうか?
枝に絡みつく感じが生命力を感じます。
Commented by えるだま at 2007-08-14 17:06 x
nekocchiさん、そうですね。^^
ウラボシ科のウラボシは裏星と書きますが、葉の裏側の胞子のう群の形から来ているそうです。
ただシダと言っても、このシダはかなり進化したシダのようです。
<< クロトンの木いろいろ ヤマカルチュウ(サボテン科) >>