<< オオゴチョウ(ジャケツイバラ科) オサバフウロ(カタバミ科) >>

ヒメマツバボタン(スベリヒユ科)

スベリヒユ科マツバボタン属の「ヒメマツバボタン」(姫松葉牡丹)(”Portulaca pilosa”)です。
熱帯アメリカが原産だそうで、マツバボタンを小さくした紅紫色の花をつけます。別名で、「ケツメクサ」(毛爪草)とも呼ばれるそうです。撮影地:タイ
e0031500_124389.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-12 14:40 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by udonn418 at 2007-08-12 15:07
香川県の実家の方では「爪切り草」と呼んでいました。
多分同じ花だと思うんですけれど。
謂れは、爪でちょきっと切って土に挿しただけでも根付くという意味とか~
Commented by えるだま at 2007-08-12 15:26 x
udonn418さん、こんにちは。^^
そうですか、普通はマツバボタンを「爪切り草」と呼ぶと思います。
こちらの花は、とても小さいです。もちろん、同じように簡単に根付くことと思います。
<< オオゴチョウ(ジャケツイバラ科) オサバフウロ(カタバミ科) >>