<< ハエジゴク(モウセンゴケ科) ビブリス・リニフローラ(ビブリス科) >>

サラセニア(サラセニア科)

今回は変った植物です。サラセニア科の植物で、細長いチューブ状の捕虫嚢(葉)があります。原種8種がアメリカ南部のテキサス州からフロリダ州にかけての湿地帯に自生しているそうです。和名では「ヘイシソウ」(瓶子草)と呼ばれます。撮影地:千葉市花の美術館

サラセニア・ルブラ(”Sarracenia rubra”)、和名では、「赤花瓶子草」のようです。
e0031500_1454227.jpg

こちらのサラセニアは、サラセニア・フラバ(”Sarracenia flava”)のようです。
e0031500_14541043.jpg

おまけ、サラセニアについていたカマキリ君
e0031500_14541928.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-22 06:34 | 植物の写真 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2007-08-22 16:11
最後の写真・・・どちらが先でも命がなさそうです(^^;
Commented by えるだま at 2007-08-22 20:10 x
nekocchiさん、こんばんは。^^
え!?カマキリの命って短いのですかぁ・・・ これから見方が変りそうです。
<< ハエジゴク(モウセンゴケ科) ビブリス・リニフローラ(ビブリス科) >>