カテゴリ:未分類( 225 )

2017年5月 パスワードを思い出しました。^^

クレロデンドルム・ウガンデンセ、冬を私の部屋で無事に超すことができました。蕾は早くから見られたのですが、開花するまで2か月以上かかったような気がします。
d0096455_05532284.jpg
パスワードを忘れて6年以上、更新もできずにいました。復帰できたので、これから再び頑張ることにしましょうか。

各種設定の仕方など使い方で戸惑っております。コメントをいただいている方には大変申し訳ありません。正常可動まで少々おまちください。よろしくお願いいたします。



[PR]
by FlowerPhotos | 2017-05-16 05:54 | Comments(0)

ジンジャーリリー

ジンジャーリリー、そろそろ終わりじゃないかな。
d0096455_15542617.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-11-20 15:54 | Comments(4)

ピラカンサ

ピラカンサ、別名でトキワサンザシ(常磐山査子)とも言いますが、西アジアが原産なのだそうです。
e0031500_23341885.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-11-09 00:05 | Comments(2)

オキザリス

オキザリスも頑張って咲いています。このところ暖かい日が続いているから気持ちがいいのかな。
e0031500_1235725.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-11-01 01:29 | Comments(2)

秋だというのに

秋だというのにハナズオウが狂い咲きしています。紫陽花も咲き出しそうです。
e0031500_954529.jpg

(枯葉に花という妙な組み合わせになっています。苦笑)
d0096455_1127135.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-10-21 10:02 | Comments(2)

イランの植物特集

イランの花について特集してみました。

1.原種系の花(6種)
2.沙漠の花(1)(53種)
3.沙漠の花(2)(33種)
4.山岳地帯の花(30種)


(写真は、ダマヴァンド山の麓で、花は野生のハカマオニゲシです。)
d0096455_11435835.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-28 20:54 | Comments(4)

1.原種系の花

1.チューリップ
チューリップの原産地は、アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯だそうです。(出展:ウィキペディア)

そもそもラール国立公園という名前の「ラール」というのは、チューリップという意味だったと記憶しています。その場所にチューリップの原種が存在するのは当たり前でしょうか。

ユリ科チューリップ属(Tulipa)
・チューリパ・モンタナ(Tulipa montana)
(解説)原種系チューリップ。イランの高原でみつけたものです。
e0031500_6474532.jpg

・チューリパ・クリサンサ(Tulipa chrysantha)
(解説)原種系チューリップ。イランの高原でみつけたものです。
e0031500_705434.jpg

こちらもチューリップの原種かと思いましたが、違ったようです。

ユリ科キバナノアマナ属(Gagea)
・キバナノアマナ(黄花甘菜)(Gagea lutea)、英名:Yellow star of Bethlehem
(解説)北半球の冷帯に分布。イランの高原でみつけたものです。
e0031500_6481783.jpg


2.バラ
バラ科フルテミア属(Hulthemia)、バラの原種の一つ。イランの高地でみつけました。
d0096455_10153817.jpg


バラ科バラ属ナニワイバラ(浪花茨)(Rosa laevigata)、英名:Cherokee rose、Anemone roseで、バラの原種に近いものです。中国の中南部および台湾に分布するそうです。撮影:イラン
d0096455_941834.jpg


3.シクラメン
サクラソウ科シクラメン属のシクラメン・コーカシクム(Cyclamen coum ssp. caucasicum)、英名、Cyclamen caucasicumです。地中海の東部沿岸から西アジアが原産で、園芸種のシクラメンの原種のようです。写真はカスピ海周辺の山岳地帯で撮影したものです。
d0096455_10181085.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-28 19:11 | Comments(2)

2.沙漠の花

1.枝・棘・花
砂漠に転がっているような棘だらけの植物を紹介しましょう。葉と思しきものが見当たらず、枝と棘ばかりに見えます。そんな中に小さな黄色い花が咲いていました。よーく見ると花が枝から分かれて出ていますが、その出方を見ると枝になるか、棘になるか、花になるかの三通りのようです。

花の形から見ると「ニガナ」や「チコリ」に近い種類かも知れません。(上の写真) 和名は見当たりませんが、学名では”Launaea acanthodes”という種類のようです。ともあれ、水がほとんどない沙漠で生き抜いているのだからたいしたものです。面積のある葉を持つと直ぐに干からびてしまうのでしょう、それで全身枝と棘だらけの姿をしているのです。(下の写真) 

近くにケイパー(蕾をスモークサーモンに使う。)も生えていました。こちらも乾燥に非常に強い種類のようです。
e0031500_114082.jpg

e0031500_1145715.jpg


2.ケイパー
ケイパーの蕾はスモーク・サーモンによくかけるのでご存知な方が多いでしょう。ケイパーは蕾だけでなく実もピクルスにして売られています。小さなキュウリという感じです。

ケイパーはフウチョウソウ科の植物で、写真のものの学名は”Capparis spinoza”と言います。地面に這っていますが、4弁花がキリリと立ち上がっている姿は凛々しく見えます。この花は一日花なので朝開くと午後には萎んでしまいます。それでも次から次へと新しい蕾が開きますから、比較的長い期間、花を楽しむことが出来ます。凛とした後姿もどうぞ。^^

ケイパーは地中海方面と中東に分布する植物なので、残念ながら日本では見ることができないでしょう。園芸種としてはちょっと難しいかも知れません。クレオメが同じ科ですから、そちらの方がずっと人気があるでしょうね。
e0031500_1731621.jpg

e0031500_1733974.jpg


3.風船みたいな種子
今回ご紹介するものはマメ科ゲンゲ属の「アストラガヌス・なんたら」という植物です。私がテヘランの東端の州局で働いていた時に撮影したものですが、長い学名にその地名が付いていました。そこの地域の固有種を発見したと思うと嬉しくなりますね。

もっともこの植物の実のなり方がユニークなのでみつければ面白くなってしまいます。中身はほとんど空っぽでごく小さな種が入っているだけです。空っぽということは中の空気を暖めるような効果を期待しているのでしょうか、あるいは美味しい果物に見せて鳥を騙そうとしているのでしょうか。

まさか熱気球みたいに空中を飛んでいくなんて・・・ そんなことないでしょうねぇ。^^
e0031500_0463137.jpg


4.デンドロステレア
今回ご紹介するのはトウダイグサ科のデンドロステレアです。和名、英名などは調べようもない沙漠の雑草ですが、よく見ると小さいけれども綺麗な花を咲かせています。沙漠で見かける植物には毛が多く見かけられますが、こちらは白い羽毛のようなものが花弁の根元についています。なんだか食べられそうな配色に思えてしまいます。
e0031500_2324413.jpg


5.オノスマ
今回ご紹介するのはムラサキ科オノスマ属の雑草です。オノスマはさすがに和名を持っていないようです。Googleで検索したらかろうじて「オノスマ・ナヌム」という花に遭遇しましたが、詳しい説明はありませんでした。

沙漠で見かける植物には毛が多いといいましたが、こちらの植物もすごいでしょう。毛深いと何かメリットがあるのでしょうか。この花、もっと開くのではないかと様子をみたのですが、残念ながらこのままでお仕舞いでした。
e0031500_12123779.jpg


6.イキシオリリオン
今回ご紹介するのはヒガンバナ科のイキシオリリオンです。”Ixiolirion”と書きますが、Googleで探しても和名は見当たりませんでした。この植物は荒地でよく見かけることができます。5cmもない小さな花ですが、青色の輝きがとても美しく、私の好きな花の一つです。
e0031500_17222210.jpg


7.ソンガリカ
アヤメ科の植物でソンガリカという学名なのですが、和名はみつかりませんでした。イランの沙漠特有の植物なのでしょう。私にはユリ科、アヤメ科、ヒガンバナ科の植物の区別がよく分かりません。少し専門的な知識を吸収しないといけないのかも知れません。
e0031500_0194374.jpg


8.デーツパーム
今回は花ではありません。ヤシ科のナツメ椰子の実です。デーツとも言います。英語では綴りも発音も”dates”と同じです。黄色い若い実も食べますが、一般的には茶色く熟してから食べるのが普通でしょう。イランでもドバイでも人気のある果物です。

甘いだけの薄味なので、いろいろなものを挟んで食べたりもします。オレンジの皮、カシューナッツなどいろいろ試せるでしょう。ナツメ椰子の木は大変高価だと聞いています。それもそうでしょう、一本の木からたくさんのデーツが採れるのですからね。

写真はドバイで撮影したものです。
e0031500_15341447.jpg

e0031500_15345591.jpg

熟したデーツの写真・・・黒っぽい色をしているものです。(撮影地:イラン)
d0096455_13375761.jpg


9.モンソニア
こういう雑草を見つけては喜んでいるのは私だけかも知れませんね。それにしても不思議な形をしています。まるで地球外から来たような・・・ プラモデルで作った植物のようにも見えます。

まず、一番先に目に付くネットみたいなものですが、これは人為的にやられたものではありません。実は最初に見たとき、私は誰かの仕業じゃないかと思ったくらいです。写真では分かりにくいですが、よーく見ると、袋のようではなくて、一方向が開いているのです。なんというか、ザルのような形の捕虫網のように見えるのです。まさか食虫植物じゃないでしょうしね。

それから次の不思議な形ですが、なんだか意味不明の直線的な枝みたいなものがロボットの腕のように伸びています。まるでアンテナのように見えますから、宇宙からの指令でも待っているのでしょうか。



その後、実際に標本を採ってきて詳細に調べたのですが、やっぱり奇妙な植物です。受粉後にめしべがニョキニョキ伸びるようです。さらによく観察したらね、ニョキニョキ伸びるアンテナの中に毛のようなものとさらに細いアンテナみたいなものが入っていました。成長し終わると、鞘が割れて中身が露出して、あのネットみたいなものが現れる仕組みのようです。タンポポの種子みたいなものなのでしょう。花があってそこからアンテナみたいのが伸びて・・・そういう順序のようです。

植物図鑑を調べた結果、この奇妙な植物はフウロソウ科のモンソニアという種類であるということが分かりました。ネットのようになっていたのは、たまたま先端が絡んでいただけのことだと思います。
e0031500_1143895.jpg

e0031500_1152280.jpg


10.ピスタチオ
今回は花ではなくて実の方です。日本にいらっしゃるみなさまは、ナッツとしてのピスタチオだけをご覧になられていることでしょう。ピスタチオはウルシ科の植物です。イランにはたくさんのピスタチオ畑があります。生産量は世界一だと思います。

赤く写っているものがピスタチオの果実で、果実の中に殻を持った種があります。果実と言ってもほとんど外皮なので熟してしまえば捨てるだけです。種の部分を乾燥させてからローストし、レモンや塩などで味付けを施すものもあります。私たちが食べているピスタチオは種の中身を食べていることになりますね。

イラン産のピスタチオは、残念ながら日本には輸出されておりません。日にちが経つとカビが生え、そこに発がん性物質が検出されたというのがその理由のようです。イラン側は輸出先は日本だけではないということで処理方法を変えることなく製造しているので、いつまでも平行線のままのようです。
e0031500_12391745.jpg


11.タンブル・ウィード
タンブル・ウィード、別名でロシアアザミ、回転草とも呼ばれますが、よく西部劇で風に飛ばされてころころと転がってくる干草みたいなやつです。今回、ちょっと話題になったので、イランにそれが存在するかどうか調べたら、ありました、ありました、さすがに砂漠の国です。

タンブル・ウィードは英名ですから、学名は”Salsola kali”といい、和名では「アカザ科オカヒジキ属の回転草」といいます。イランには、同属のものが16種あるようです。私の撮影した植物の中にうまくあるといいのですが、なにしろ枯れたような雑草のような植物ですから、撮影する気になったかどうか・・・

それらしい植物を探し出してみましたが、ちょっと確証がありません。WikipediaでアップされているSalsolaの画像は”Salsola tragus”の方ですから、少し違うのかも知れません。広い意味でのタンブル・ウィードということでは、Wikipediaの植物もこちらの写真のものも該当するのではないかと思います。
e0031500_14151464.jpg

e0031500_14152217.jpg


12.ゼニアオイ
アオイ科のゼニアオイ(銭葵)(Malva sylvestris var.)、英名は、Mallowです。西南アジアから南ヨ-ロッパが原産だそうです。日本へはへは江戸時代に観賞用として渡来したようです。花はハーブティーに利用されます。
d0096455_13581240.jpg


13.タチアオイ
アオイ科のタチアオイ(立葵)(Alcea rosea)、英名は、Hollyhockです。西アジアから中国にかけてが原産だそうで、日本へは室町時代に渡来したそうです。
d0096455_1423342.jpg


14.ムクゲ
アオイ科のムクゲ(槿)(Hibiscus syriacus)、英名は、Rose of Sharonです。中国、インドが原産で、韓国の国花だそうです。
d0096455_144840.jpg


15.バイカウツギ
アジサイ科のバイカウツギ(梅花空木)(Philadelphus satsumi)です。北半球に広く分布し、30~70種ほどあるそうです。別名で「サツマウツギ」(薩摩空木)とも呼ばれます。
e0031500_8383488.jpg

セイヨウバイカウツギ(Philadelphus grandiflorus Willd. )、八重咲きのバイカウツギ、写真は園芸品種と思われます。
e0031500_839766.jpg


16.アブラナ
アブラナ科のセイヨウアブラナ(西洋油菜)(Brassica napus)、英名は、Colza、Rapeです。ヨーロッパの地中海沿岸が原産で、日本へは明治のはじめに導入されたそうです。
d0096455_14442582.jpg


17.ハマダイコン
アブラナ科のハマダイコン(浜大根)(Raphanus sativus var. raphanistroides)、英名は、Wild radishです。ダイコンが野生化したもののようです。根はあまり太くならず、食用には向きません。
d0096455_11532293.jpg


18.タネツケバナ
アブラナ科のタネツケバナ(種漬花)(Cardamine flexuosa)、英名は、Wavy bittercressです。世界中の温帯から暖帯に分布します。別名で「コメナズナ」(米薺)と呼ばれます。
d0096455_2485062.jpg


19.ニオイアラセイトウ
アブラナ科のニオイアラセイトウ(匂い紫羅欄花)(Erysimum cheiri)です。南ヨーロッパが原産ですが、現在ではヨーロッパをはじめ小アジアにまで広がっているそうです。別名で「ウォールフラワー」とも呼ばれるそうです。
d0096455_144865.jpg


20.ヤマガラシ
アブラナ科のハルザキヤマガラシ(春咲き山芥子)(Barbarea vulgaris)、英名は、Yellow rocketです。ヨーロッパが原産で、現在では北半球の冷温帯地域を中心に広く分布しているそうです。別名で「セイヨウヤマガラシ」(西洋山芥子)とも呼ばれます。
d0096455_11545673.jpg


21.リナム
アマ科のリナム(Linum)です。アマは、コーカサス地方から中央アジアが原産といわれます。本種はイランの高原でみつけたものです。アマは明るいブルーの花なのですが、こちらはほとんど白色です。
d0096455_1294726.jpg


22.イヌムギ
イネ科のイヌムギ(犬麦)(Bromus catharticus)です。南アメリカが原産だそうです。写真はイランの荒野で撮影したものです。
d0096455_14114478.jpg


23.オオバコ
オオバコ科のタチオオバコ(Plantago virginica)、英名は、Dwarf plantain、Pale-seed plantainです。北アメリカが原産だそうです。名前は、茎が直立していることから。別名で「ツボミオオバコ」とも呼ばれます。
d0096455_1344.jpg

オオバコ科のヘラオオバコ(箆大葉子)(Plantago lanceolata)、英名は、Ribwort plantainです。ヨーロッパが原産で、日本へは江戸時代の末期に渡来し、今では帰化しています。名前は、この葉のかたちを箆(へら)に見立てたものです。
d0096455_132183.jpg


24.キンシバイ
オトギリソウ科のキンシバイ(金糸梅)(Hypericum patulum)、英名は、Tall St. John's wortです。中国が原産で、日本には古い時代に渡来したそうです。長い雄しべを金糸、花弁のかたちを梅に見立てて名づけられたそうです。
e0031500_9391446.jpg


25.カモメヅル
ガガイモ科のカモメヅル属の花だと思われます。イランの荒野でみつけたものです。
e0031500_8225412.jpg


26.カタバミ
カタバミ科のウスアカカタバミ(薄赤酢漿草)(Oxalis corniculata f. tropaeoloides)です。世界中に分布していると思われます。黄色い花の中心部には赤い輪または斑紋がああります。
e0031500_875935.jpg

カタバミ科のムラサキカタバミ(紫酢漿草)(Oxalis corymbosa)、英名は、Lilac oxalisです。南アメリカが原産ですが、今では世界中に分布していると思われます。種子ができないで地下の鱗茎で増えます。
e0031500_883887.jpg


27.アワダチソウ
キク科のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)(Solidago altissima)、英名は、Tall goldenrodです。北アメリカが原産で、日本へは明治時代に観賞用として導入されたそうです。
d0096455_195201.jpg


28.メンアザミ
キク科のメンアザミ、大きなアザミです。花の直径は10cm以上あります。イランの荒野に生えています。
d0096455_1625459.jpg

アザミ属の植物、イランの荒野に生えているアザミの一つです。名称は不明です。
d0096455_16175555.jpg

別種です。
d0096455_16274221.jpg


29.ノボロギク
キク科のノボロギク(野襤褸菊)(Senecio vulgaris)です。ヨーロッパが原産です。一年中咲いていますが、春から夏に多く咲きます。
d0096455_2010345.jpg


30.チコリ
キク科のチコリ(菊苦菜)(Cichorium intybus)、英名は、Chicoryです。ヨーロッパの北部が原産です。古くから野菜として栽培され、現在ではユーラシアや北アメリカにまで広く帰化しています。和名では「キクニガナ」と呼ばれます。
d0096455_20182542.jpg


31.グンデリア
キク科のグンデリアアザミ(Gundelia tournefortii)です。植物全体がとげとげしています。イランでは茎や根を食用にします。
d0096455_8551638.jpg


32.コウシニア
キク科のコウシニア(Cousinia thomsonii)です。イランの荒野に生えているものです。
d0096455_20204274.jpg


33.ハキダメギク
キク科のハキダメギク(掃溜菊)(Galinosoga ciliata)、英名は、Hairy galinsogaです。中央・南アメリカが原産ですが、今では世界中に広く帰化しています。
d0096455_20213199.jpg

(拡大写真)
d0096455_20214799.jpg


34.トキワバナ
キク科のトキワバナ(常盤花)(Xeranthemum annuum)、英名は、crisp everlastingです。地中海沿岸から西アジアが原産で、日本に渡来したのは明治時代末だそうです。
d0096455_20514482.jpg


35.ハナニガナ
キク科の・ハナニガナ(花苦菜)(Ixeris dentata var. albiflora f. amplifolia)です。世界に広く分布しています。苦菜は舌状花が5~6弁、花苦菜は7~11弁です。
d0096455_20522178.jpg


36.キバナノコギリソウ
キク科のキバナノコギリソウ(Achillea filipendulina)、英名は、Fern-leaf yarrowです。ロシアのコーカサス地方が原産だそうです。
d0096455_20523782.jpg


37.ルリタマアザミ
キク科のルリタマアザミ(瑠璃玉薊)(Echinops orientalis)、英名は、Globe thistleです。原産地は中欧、南欧、中央アジア、インド、アフリカだそうです。
d0096455_20581867.jpg

エキノプス・ポリガムス(Echinops polygams)、イランの荒野に生えているものです。
d0096455_11484294.jpg

エキノプス・リトロデス(Echinops ritrodes)です。イランの荒野に生えているものです。
d0096455_11584372.jpg


38.イガヤグルマギク
キク科のイガヤグルマギク(Centaurea solstitialis)です。トルコ国境近くのイラク領内にある洞窟内で6万年前のネアンデルタール人の墓からこの種の花粉が発見されたといいます。イラクに近いケンルマンシャーの荒地に咲いていたものを撮影したものです。
d0096455_1495658.jpg


39.キョウチクトウ
キョウチクトウ科のキョウチクトウ(夾竹桃)(Nerium indicium)、英名は、Adelfa、Oleanderです。地中海からインドにかけてが原産だそうです。
d0096455_1822213.jpg


40.ギョリュウ
ギョリュウ科のギョリュウ(御柳)(Tamarix chinensis)、英名は、Chinese tamarixです。原産地は中国だそうです。春と秋の二度咲きだそうです。
d0096455_10135759.jpg


41.ヒメリュウキンカ
キンポウゲ科の・ヒメリュウキンカ(姫立金花)(Ranunculus ficaria)、英名は、Lesser celandineです。ヨーロッパの地中海沿岸から小アジアに分布しています。名前は、花や葉が日本の「リュウキンカ」に似ていることからだそうです。
d0096455_12293272.jpg


42.アドニス
・キンポウゲ科フクジュソウ属(Adonis)の野生の花です。イランの荒野でみつけました。
e0031500_10594233.jpg


43.ヤマグワ
クワ科のヤマグワ(山桑)(Morus bombycis)、英名は、Kuwa、Yama-guwaです。日本、朝鮮半島、中国、ヒマラヤなどに広く分布しているそうです。果実は集合果で、6月から7月ごろ
赤色から黒紫色に熟して食用になります。
(クワの雄花)
d0096455_1416533.jpg

(クワの実)
d0096455_14172474.jpg


44.ハカマオニゲシ
ケシ科のハカマオニゲシ(袴鬼罌粟)(Papaver bracteatum)、英名は、Opium poppyです。イランが原産です。日本では栽培禁止種です。花びらのすぐ真下に4-6枚のハカマがあるのが特徴です。
d0096455_14303487.jpg


45.オプンティア
サボテン科のオプンティア・ウルガリス(単刺団扇)(Opuntia vulgaris)、英名は、Drooping tree pear、Barbary fig, Prickly pearです。アメリカの南部からメキシコ、それに南アメリカのブラジルからアルゼンチンに分布しているそうです。果実は赤紫色に熟し、食用になります。和名では「タンシウチワ」(単刺団扇)と呼ばれます。
d0096455_10581043.jpg


46.ホトケノザ
シソ科のホトケノザ(仏の座)(Lamium amplexicaule)です。ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布しています。名前は、葉を仏さまの蓮座に見立てたものです。
d0096455_1104766.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-28 13:23 | Comments(4)

3.沙漠の花(2)

51.ハッカ
シソ科のハッカ(薄荷)(Mentha arvensis L. var.piperascens Malinv)です。ユーラシア大陸が原産です。イランでは道端などに自生しています。
d0096455_1184482.jpg

シソ科のホースミント(Mentha longifolia)、英名は、horse mintです。ユーラシア大陸が原産だそうです。イランでは道端などに自生しています。
d0096455_1191639.jpg


52.スイカズラ
スイカズラ科のニオイニンドウ(匂い忍冬)(Lonicera periclymenum)、英名は、Honeysuckle、Woodbineです。西アジアからヨーロッパ、北アフリカが原産です。
d0096455_5561227.jpg

・ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)(Lonicera maackii)、英名は、Amur honeysuckleです。日本、朝鮮半島や中国東北部に分布しています。
d0096455_5563294.jpg


53.プランゴス
セリ科のプランゴス(Prangos)で、イランの荒野に自生しているものです。
d0096455_65013.jpg


54.ギシギシ
タデ科のギシギシ(羊蹄)(Rumex obtusifolius)で、道端や草地に自生しています。
e0031500_1050422.jpg


55.ミドリハコベ
ナデシコ科のミドリハコベ(緑繁縷)(Stellaria neglecta)、英名は、Chickweedです。「コハコベ」と合わせて「ハコベ」(繁縷)と呼ばれます。
d0096455_12203377.jpg


56.フクロナデシコ
ナデシコ科のフクロナデシコ(Silene pendula)、英名は、drooping catch flyです。地中海沿岸が原産です。別名で「サクラギソウ」とも呼ばれます。
d0096455_1221742.jpg


57.ムシトリナデシコ
ナデシコ科のムシトリナデシコ(Silene armeria)、英名は、Sweet William Catchflyです。ヨーロッパが原産ですが、現在は世界の温暖な地域に広く分布しています。名前は、花序のつく節の下から粘液を分泌していて、これに虫が付くことからです。イランでは、アルメリアと呼んでいました。
d0096455_12211830.jpg


58.ミミナグサ
ナデシコ科のシロミミナグサ(白耳菜草)(Cerastium tomemtosum)、英名は、Snow in summerです。ヨーロッパの山岳地帯から西アジアが原産です。日当たりのよい乾燥した土地を好むそうです。別名で、「ナツユキソウ」(夏雪草)とも呼ばれます。
d0096455_12212986.jpg

ナデシコ科のオランダミミナグサ(オランダ耳菜草)(Cerastium glomeratum)、英名は、Mouse-eared chickweedです。ヨーロッパが原産だそうです。
d0096455_12214037.jpg


59.トゥリブルス
ハマビシ科のトゥリブルス・アラビクス(Tribulus arabicus)です。中東に分布している種類のようですが、詳しい情報は分かりません。UAE(アラブ首長国連邦)の切手に使われています。
d0096455_1595868.jpg


60.セイヨウヒルガオ
ヒルガオ科のセイヨウヒルガオ(西洋昼顔)(Convolvulus arvensis)、英名は、Field bindweedです。ヨーロッパが原産ですが、今では世界の各地に帰化しています。
e0031500_9361321.jpg


61.ブフセア
フウチョウソウ科のブフセア(Buhsea)です。沙漠に生える臭い野草です。
d0096455_1535868.jpg


62.セダム
ベンケイソウ科のセダム・テルフィウム(Sedum telphium)です。
d0096455_22263342.jpg

セダム・ルベンス(高麗子持ち万年草)(Sedum rubens)です。
d0096455_222643.jpg

ベンケイソウ科のセダム・グラエカ(Sedum graeca)です。ロシアが原産のようです。
d0096455_22264225.jpg


63.スカビオサ
マツムシソウ科の野生のスカビオサ(Scabiosa)です。
d0096455_5384495.jpg


64.ヘディサルム
マメ科のヘディサルム(Hedysarum wrightianum)です。イランのl荒野でみつけました。
d0096455_9167.jpg


65.オノブリキス
マメ科のオノブリキス属(Onobrychis)の植物のようです。
d0096455_9125159.jpg


66.アストラガルス
マメ科のアストラガルス・カンドレアヌス(stragalus candolleanus)です。イランの荒野でみつけたものです。イランやパキスタン辺りに広く分布しているようです。
d0096455_3503671.jpg


67.セイヨウエビラハギ
マメ科のセイヨウエビラハギ(Melilotus officinalis)、英名は、melilot、melist、yellow sweet cloverです。ユーラシアが原産です。別名で「メリロート」とも言います。イランの荒野に生えていました。
d0096455_919792.jpg


68.ツメクサ
マメ科のコメツブツメクサ(米粒詰草)(Trifolium dubium)、英名は、Suckling cloverです。ヨーロッパから西アジアが原産です。
d0096455_9192836.jpg

マメ科のムラサキツメクサ(紫詰草)(Trifolium pratense)、英名は、Red cloverです。ユーラシア大陸が原産です。別名で「アカツメクサ」(赤詰草)とも呼ばれます。
d0096455_920649.jpg

マメ科のトリフォリウム・プルプレウム(Trifolium purpureum)です。イランの荒野でみつけたものです。イランの西部地域に分布しているようです。
d0096455_3491556.jpg


69.セイヨウハナズオウ
マメ科のセイヨウハナズオウ(Cercis siliquastrum)です。地中海東部が原産です。ユダがこの木で首をくくって死んだとされ、別名で「ユダの木」と呼ばれます。
d0096455_9243932.jpg


70.ハリエニシダ
マメ科のハリエニシダ(針金雀枝)(Ulex europaeus)、英名は、Common Gorse、Furzeです。西ヨーロッパからイタリアに分布しているそうです。
d0096455_2394628.jpg


71.ハリエンジュ
マメ科のハリエンジュ(針槐)(Robinia pseudo-acacia)、英名は、Black locustです。北アメリカが原産です。別名で「ニセアカシア」とも呼ばれます。
d0096455_9284364.jpg


72.ハプロフィラム
ミカン科のハプロフィラム(Haplophyllum perforatum)です。30-60cm程度の草本です。
e0031500_13233374.jpg


73.アンキューサ
ムラサキ科のウシノシタグサ(牛舌草)(Anchusa azurea)です。ヨーロッパ、アフリカ、アジア西域などに分布しています。観賞用の草花というよりハープ としての利用価値が高いものです。
e0031500_943193.jpg


74.ワスレナグサ
ムラサキ科のワスレナグサ(勿忘草)(Myosotis scorpioides)、英名:Water forget-me-not、Forget-me-notです。ヨーロッパからアジアが原産です。名前は、この花を恋人のベルタに贈ろうとして、ドナウ川に落ちて亡くなった騎士ルドルフの物語に由来するといいます。
d0096455_20394452.jpg


75.オリーブ
モクセイ科のオリーブ(Olea)、英名は、Oliveです。地中海沿岸が原産です。花にはよい香りがあります。写真は野生のオリーブです。
d0096455_14154588.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-28 13:22 | Comments(5)

4.山岳地帯の花

1.ヤエムグラ
アカネ科のヤエムグラ(八重葎)(Galium spurium var. echinospermon)、英名、Catchweedです。世界中に広く分布しています。名前は、葉が輪生し、幾重にも折り重なって生えるところからだそうです。
d0096455_14352789.jpg


2.クロッカス
アヤメ科のクロッカス(Crocus sp.)、英名は、Crocusです。地中海沿岸や小アジア地方が原産だそうです。写真はカスピ海周辺の山岳地帯に自生してるものを撮影したものです。
d0096455_13133781.jpg


3.アルメリア
イソマツ科のアルメリア・カエスピトーサ(Armeria caespitosa)、英名は、Thrift、Sea pinkです。ヨーロッパの南部(スペイン、ポルトガル)が原産だそうです。別名で、ヒメハマカンザシとも呼ばれます。
d0096455_13391388.jpg


4.トウダイグサ各種
イランの高原地帯ではさまざまなトウダイグサが自生しています。
d0096455_17475652.jpg

(その2)
d0096455_1752633.jpg

(その3)
d0096455_17521455.jpg

(その4)
d0096455_17522221.jpg


5.ギプソラ・アレティオイデス
ナデシコ科のギプソフィラ・アレティオイデス(Gypsophila aretioides Boiss)です。イランのラール国立公園でみつけたものです。ペルシャ語では「岩の花」と呼ばれます。岩に発生する露で水分補給をしています。
d0096455_1062834.jpg

(拡大写真・・・黄色い花は別種です。)
d0096455_1064725.jpg


6.オオウイキョウ
セリ科のオオウイキョウ(大茴香)(Ferula gummosa)です。イラン、アフガニスタンなど中東に分布しています。樹脂ガルバヌムを採るそうです。
d0096455_1052431.jpg


7.オオハナウド
セリ科の・オオハナウド(大花独活)(Heracleum dulce)、英名は、Sweet cow parsnipです。日本にあるオオハナウドと同じかどうか不明ですが、近縁種だと思われます。
d0096455_8592024.jpg


8.ルメックス
タデ科のルメックス・エルブルセンシス(Rumex elbursensis)です。イランの高原地域でみつけたものです。アルボルズ・ギシギシと呼べそうです。
d0096455_11165681.jpg


9.ペガヌム
ハマビシ科のペガヌム・ハルマラ(Peganum harmala)です。チベット及び小アジアの原産のようです。阿片と一緒に使うと効き目が数倍になるという代物です。
d0096455_1510528.jpg


10.アーモンド
バラ科のアーモンド(巴旦杏)(Prunus amygdalus)、英名は、Almondです。西アジアが原産です。サクラ(桜)によく似た白または薄桃色の花が咲きます。和名では、「扁桃」(へんとう)と言います。
d0096455_9293063.jpg


11.アプリコット
バラ科のアンズ(杏)(Prunus armeniaca)、英名は、Apricotです。中国の東北部に分布しているそうです。紀元前3000年ごろから栽培されていたといわれます。
d0096455_9294650.jpg


12.セイヨウサクラ
バラ科のセイヨウサクラ(西洋桜)(Prunus avium)です。別名で「セイヨウミザクラ」(西洋実桜)とか「オウトウ」(桜桃)とか呼ばれます。
d0096455_104159.jpg


13.プラム
バラ科のセイヨウスモモ(西洋李)(Prunus domestica)、英名は、Plumです。一般には「プラム」と呼ばれます。プルーンもセイヨウスモモの一種です。
d0096455_9331161.jpg


14.モモ
バラ科の・モモ(桃)(Prunus persica)、英名は、Peachです。中国の黄河上流の高原地帯が原産といわれます。ヨーロッパへは紀元前1世紀ごろに渡来したそうです。日本にも古くからみられるものです。
d0096455_9352410.jpg


15.セイヨウナシ
バラ科のセイヨウナシ(西洋梨)(Pyrus communis)です。ヨーロッパ中部から西アジアが原産です。有史以前から栽培され、今では世界各地の温帯地域に広がっています。
d0096455_9404278.jpg


16.リンゴ
バラ科のリンゴ(林檎)(Malus domestica)、英名は、Appleです。小アジアやコーカサス地方が原産と考えられています。現在の栽培品種の多くはアメリカで育成され、日本へは明治時代に本格的に導入されたそうです。
d0096455_9451149.jpg


17.ソレナンサス
ムラサキ科のソレナンサス・スタミネウス(Solenanthus stamineus)です。イランのラール国立公園でみつけたものです。花期は5月~7月です。
d0096455_15222731.jpg


18.ノネア
ムラサキ科のノネア・カスピカ(Npnnea caspica)です。乾燥した土地に生えていたものです。キバナムラサキの近縁種のようです。
d0096455_15415997.jpg


19.ベルベリス
メギ科のベルベリス・オルトボトリス(Berberis orthobotrys)です。イラクからイラン、パキスタン、ネパールに分布しています。
d0096455_13521929.jpg


20.エルムルス
ユリ科のエルムルス(Eremurus spectabilis)、英名は、Desert-candleです。イラン、アフガニスタン、ヒマラヤ辺りが原産だそうです。花期は5月~7月。ダマヴァンド周辺でみつけたものです。
d0096455_14263633.jpg


21.アストラガルス・ピクノセファルス
マメ科のアストラガルス・ピクノセファルス(Astragalus pycnocephalus)です。イランの高原地域でみつけたものです。全体で丸くなります。
d0096455_11314149.jpg

(拡大写真)
d0096455_11315597.jpg


22.モウズイカ
ゴマノハグサ科のモウズイカ(毛蕊花)(Verbascum chaixii)、英名は、Nettle-leaved mulleinです。ヨーロッパからロシアの中部に分布しています。紫色の雄しべが目立ちます。
e0031500_11343335.jpg


23.サルビア
シソ科のサルビア・トメントーサ(Salvia tomentosa)、英名は、Balsamic sageです。東ヨーロッパから西アジアに分布しています。6月から7月ごろ、淡い青紫色の花を咲かせます。
d0096455_10423881.jpg

シソ科のサルビア・ネモローサ(Salvia nemorosa)です。ヨーロッパから中央アジアにかけてが原産です。花は紫~すみれ色で、小さいが花穂は長く、多数の花が着きます。
d0096455_10424976.jpg


24.スタキス
シソ科スタキス属の花1(Stachys)です。イランの高原地帯で見られるスタキス属の花です。
d0096455_1059648.jpg

シソ科スタキス属の花2(Stachys)です。イランの高原地帯にあるもので、イランでは以前、乾燥させてお茶として飲んだそうです。
d0096455_1058799.jpg


25.キャットミント
シソ科のキャットミント(犬薄荷)(Nepeta x faassenii)、英名は、Catmintです。地中海沿岸が原産だそうです。イランの高原地帯でみつけました。
d0096455_10592634.jpg


26.ハカマオニゲシ
ケシ科のハカマオニゲシ(袴鬼罌粟)(Papaver bracteatum)、英名は、Opium poppyです。イランが原産です。日本では栽培禁止種です。花びらのすぐ真下に4-6枚のハカマがあるのが特徴です。
d0096455_14303487.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-08-28 12:26 | Comments(0)