<   2007年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

イソギク(キク科)

キク属(Chrysanthemum)
・イソギク(磯菊)(Chrysanthemum pacificum)、英名:Ajania
(解説)関東地方南部から東海地方、伊豆諸島に分布。海岸の砂浜などに生える。10月から11月ごろ黄色い花を咲かせるが、頭花は管状花だけ。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_971120.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-31 09:51 | 植物の写真

ヒカゲヘゴ(ヘゴ科)

「ヘゴ」なんて奇妙な名前ですね。見たとおり大きなシダです。恐竜が跋扈していた時代を思わせる植物です。驚いたことに、沖縄料理にヒカゲヘゴの芽を使用するものがあるそうです。

ヘゴ科(Cyatheaceae)
ヘゴ属(Cyathea)
・ヒカゲヘゴ(日陰へご)(Cyathea lepifera)、英名:Flying spider monkey tree fern
(解説)日本の南西諸島、台湾、フィリピンに分布。新芽はあく抜きすれば食べられるという。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_12312371.jpg

e0031500_12313220.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-30 09:11 | 植物の写真

ベンガルヤハズカズラ(キツネノマゴ科)

キツネノマゴ科
ツンベルキア属(Thunbergia)
・ベンガルヤハズカズラ(Thunbergia grandiflora)、英名:Bengal clock vine
(解説)インドが原産。属名はスウェーデンの植物学者ツンベルグに因む。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_3243040.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-29 01:30 | 植物の写真

アカカタバミ(カタバミ科)

アカカタバミ、私の植物図鑑の中にまだ入っていませんでした。日当たりのいいところではもう咲いているのですねぇ。

カタバミ科
カタバミ属(Oxalis)
・アカカタバミ(赤酢漿草)(Oxalis corniculata f. rubrifolia)、英名:Yellow sorrel、Creeping woodsorrel
(解説)世界の温帯から熱帯地域に広く分布。乾燥した砂礫などに生え、高さは10センチほどになる。撮影:日本
e0031500_10475912.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-28 09:31 | 植物の写真

逆光の水仙はいかがでしょうか。^^

e0031500_1529619.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-27 10:57 | 植物の写真

水仙の種類(ヒガンバナ科)

水仙の写真のコレクションから、分類してみました。

・スイセン(水仙)(Narcissus tazetta var. chinensis)、英名:Tazetta narcissus、Tazetta daffodil
(解説)地中海沿岸が原産。日本へは室町時代に渡来し、野生化した。日本水仙は房咲き水仙に含まれる。撮影:オランダ
e0031500_735088.jpg

・キズイセン(黄水仙)(Narcissus jonquilla)、英名:Jonquilla narcissus
(解説)ヨーロッパの西部、地中海沿岸が原産。撮影:日本
e0031500_7351556.jpg

・タイハイスイセン(大杯水仙)(Narcissus cv.)、英名:Long-cupped narcissus、Large-cupped daffodil
(解説)園芸種。撮影:オランダ
e0031500_7352523.jpg

・ショウハイスイセン(小杯水仙)(Narcissus cv.)
(解説)園芸種。撮影:オランダ
e0031500_7353391.jpg

・フサザキスイセン(房咲き水仙)(Narcissus tazetta var. tazetta)、英名:Bunchflower daffodil、Tazetta narcissus、Tazetta daffodil
(解説)地中海沿岸が原産。シルクロードを経由して広がり、西アジアから東アジアの各地に帰化している。日本水仙の母種。撮影:オランダ
e0031500_7354449.jpg

・ヤエザキスイセン(八重咲き水仙)(Narcissus cv.)
(解説)園芸種。撮影:オランダ
e0031500_7355291.jpg

・ラッパスイセン(ラッパ水仙)(Narcissus pseudo-narcissus)、英名:Trumpet narcissus、Trumpet daffodil
(解説)地中海沿岸が原産。最初に発見されたのはスペインのピレネー地方だといわれる。撮影:イラン
e0031500_73622.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-26 06:57 | 植物の写真

椿(ツバキ科)

椿ってとても日本的な感じがします。控え目でどれも同じに見えるからでしょうか。
散り方というのにもいろいろありますが、椿のように花がポトリと落ちてしまうのは無惨に見えてしまいます。
e0031500_4142851.jpg

e0031500_4143719.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-25 07:15 | 植物の写真

ソシンロウバイ(ロウバイ科)

日本の冬は久し振りなのですが、近所のいくつかのお宅の庭にソシンロウバイが植えられているのが目立ちました。人気があるんですねぇ。
e0031500_8294395.jpg

e0031500_8295075.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-24 07:17 | 植物の写真

家の水仙が咲きました。^^

暖冬とはいえ、まだ寒いというのに、家の庭にある水仙が咲きました。^^
e0031500_834158.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-23 04:16 | 植物の写真

モチノキ(モチノキ科)

モチノキの赤い実がなっていました。モチノキという名前は、この木の樹皮から鳥餅を作ったことからです。モチノキ科には、クリスマスの飾りに使われるセイヨウヒイラギもあります。

モチノキ科
モチノキ属(Ilex)
・モチノキ(黐の木)(Ilex integra)、英名:Mochi tree
(解説)日本、朝鮮半島、中国に分布。海岸に近い山地に生える。雌雄異株。撮影:日本
e0031500_8462358.jpg

(参考)セイヨウヒイラギの実
e0031500_8463699.jpg

[PR]
by FlowerPhotos | 2007-01-22 08:17 | 植物の写真